モンスターエナジーのJ・ロレンソ MotoGP日本グランプリで優勝! 最終戦バレンシアグランプリで年間タイトルの可能性も

PR TIMES / 2013年10月29日 17時5分



2013年10月27日、モンスターエナジーが契約するホルヘ・ロレンソが、ツインリンクもてぎで開催されたMotoGP第17戦日本GP決勝で優勝し、マルケスとの年間チャンピオン争いにとどまった。モンスター・ヤマハ・テック3チームのC・クラッチローとB・スミスは、
それぞれ7位と8位に終わった。


今回の日本グランプリは、MotoGPの新しい伝説になりそうだ。それは豪華なレースショーであっただけでなく、
自然現象のドラマでもあった。台風、豪雨、突風、震えるような寒さの中で行われた予選では、ロレンソが1分53.471秒の
最速ラップをたたき出し、ポールポジションを奪った。ボールポジションを獲得したロレンソは、スタートから終始首位を譲らず、
日本グランプリでのポール・トゥー・フィニッシュを達成した。


ロレンソは、優勝を振り返り、「ソフト・コンパウンドのタイヤを選んだので、レース終盤は苦しい戦いになると予想していたが、
実際には、終盤でさらにプッシュすることができて、ラップタイムも上がっていったんだ。作戦通りというわけにはいかなかったけれど、ホンダの本拠地で勝てたことは最高の喜び!」と語った。


モンスターエナジー公式サイト:http://www.monsterenergy.com
モンスターエナジーFacebook:https://www.facebook.com/MonsterEnergy
モンスターエナジーTwitter:https://twitter.com/MonsterEnergyJP                         

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング