~お茶系ドリンク2013年9月~10月の購買理由~新商品の「伊藤園 お~いお茶 ぞっこん」と「サントリー 緑茶 伊右衛門 特茶」が存在感を発揮! 「NB」と「PB」の購買内容に世代間で大きな差が

PR TIMES / 2013年11月12日 11時5分

 フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木名瀬博)は、株式会社クレディセゾンとの共同事業として、2013年2月1日にサービスを開始した購買理由データ提供サービスのデータをもとに購買理由に関する分析レポートを報告します。対象は、食品、飲料、日用品、医薬品、化粧品などの消費財商品約50カテゴリー。2013年11月10日時点で、購買理由データ数529,222件、会員数 42,384名です。
 本リリースでの分析レポートの購買対象期間は9月2日~10月27日の約2カ月、分析対象カテゴリーは「お茶系ドリンク(ペットボトル500ml以下、ペットボトル1,000ml以下、缶)」で実施し、全国を対象に7,247レシートデータ(男性:3,001レシートデータ、女性:4,246レシートデータ)の回答を基に分析しました。




◆期間中レシート数1位は「PB」、2位「伊藤園 お~いお茶 緑茶」、3位「日本コカ・コーラ 綾鷹」


 お茶系ドリンクカテゴリーの期間中における購入は、7,247レシートとなりました。このレシートデータをシリーズ別にみると、1位「PB(プライベートブランド)」が667レシート、2位「伊藤園 お~いお茶 緑茶」が617レシート、3位「日本コカ・コーラ 綾鷹」が540レシート、4位「サントリー 伊右衛門」が502レシート、5位「その他」が485レシートとなりました。
 期間中目立った動きをしたのは9月にリニューアルされた「伊藤園 お~いお茶 ぞっこん」と、10月に新発売された「サントリー 緑茶 伊右衛門 特茶」でした。それぞれリニューアル後、新発売後から好調な売れ行きを見たことがわかります。

◆ロイヤルユーザー数1位は「伊藤園 お~いお茶 緑茶」


 今回購入した商品を「いつも購入している(=ロイヤルユーザー)」、「以前に何度か購入している(=ライトユーザー)」、「今回初めて購入(トライアルユーザー)に分類してみると、レシート数では2位の「伊藤園 お~いお茶 緑茶」がロイヤルユーザー、ライトユーザーともにトップになっており、愛飲者が多いことがわかりました。
一方、リニューアルした「伊藤園 お~いお茶 ぞっこん」、「サントリー 緑茶 伊右衛門 特茶」がそれぞれトライアルユーザーの1位と4位となっており、新商品の試用意向が強い傾向がでました。


◆購入理由の1位は「価格がお手頃だったから」、2位は「魅力的な商品特徴があったから」


 上位10シリーズの購入理由には、「価格がお手頃だったから」「魅力的な商品特徴があったから」といった理由が多く挙げられました。PB以外では「魅力的な商品特徴があったから」が平均で70%を超えており、中でも「アサヒ飲料 十六茶」は81.1%の人が「魅力的な商品特徴」を理由に購入しています。
また、「伊藤園 健康ミネラルむぎ茶」は「家族が気に入っているから」が他のシリーズに比べ高い数字を示しており、ファミリー層から支持を得ている様子がうかがえます。
9月にリニューアルした「伊藤園 お~いお茶 ぞっこん」は、「試し買いしてみたくなったから」、「パッケージに惹かれたから」、「新商品だったから」が他シリーズに比べて高く、リニューアルにあたっての店頭での見せ方がうまくいったと言えそうです。
 具体的な購入理由では、「伊藤園 お~いお茶 緑茶」には、「いつも飲んでいて 飲みやすいお値段が手頃で安かったから」(55歳女性・既婚)、「味が気に入っているので 飲みやすいです」(61歳女性・既婚)、「いつも購入していて、味がしっかりしていてとても大好きな商品がたまたま特売になっていたので迷わず購入しました」(36歳女性・未婚)というように「いつも飲んでいること」や「お値頃感」が多く寄せられました。また、「日本コカ・コーラ 綾鷹」には、「いつも購入している商品で、お茶本来の味や香りを手軽に楽しめるので、気に入っている。」(37歳女性・既婚)、「後味がいい。香りといい、色味といい、本物っぽい(みんな本物だけど)。急須でいれたような味わいがあり、一番好き。」(40歳女性・既婚)といった理由が、「サントリー 伊右衛門」には、「いつも買っている。お茶は伊右衛門にかぎる。」(45歳女性・既婚)、「色々なお茶を試した結果、このブランドの味が好きで飲みやすくいつも購入している」(36歳男性・既婚)というように、「いつも飲んでいること」「味や香りが気に入っていること」など商品特徴への支持が挙げられました。
 その他、「伊藤園 お~いお茶 ぞっこん」では、「いつもと違った、お茶がのみたかった!パッケージがとても気になった!」(49歳男性・既婚)、「新製品!!目立ちましたし、なんとティーバッグが付いていました。お茶はみな微妙に味が違っていて飲むのが楽しいです。」(51歳女性・既婚)というように「新商品」であることや、「販促物」に惹かれた様子がうかがえました。


◆9割以上の消費者が30秒以内に購入商品を決定


 消費者のロイヤリティごとに購入までにかかった時間を聞いたところ、「すぐに購入を決めた(5秒以内)」が全体で60%、他のブランドもひと通り見てから購入を決めた(30秒以内)」が36%と、96%の消費者が30秒以内に商品購入を決定していることがわかります。「今回初めて購入」するトライアルユーザーでも30秒以内、5秒以内での購入決定が大半を占めており、お茶系ドリンクカテゴリーにおいては、店頭での露出の様子や値段、特徴などを見て、すぐに購入商品を決める消費者が多いと言えそうです。

◆「伊藤園 お~いお茶 緑茶」と「サントリー 伊右衛門」が年配層の支持を獲得


 世代ごとに購入シリーズ割合をみると、20代は「その他」、30代、40代では「PB(プライベートブランド)」の占める割合が多いのに対して、50代、60代では「伊藤園 お~いお茶 緑茶」が、70代以上では「サントリー 伊右衛門」が多く、世代が上がるにつれてNBを好む傾向が現れました。

 お茶系ドリンクカテゴリーは、商品購入までの検討時間が短く、新商品であっても、気軽に試し買いする人が多いのが特徴です。商品の購入のボリュームゾーンは、「値段が手頃だったから」、「魅力的な商品特徴」を理由に、過去に購入したことのある商品を買うライトユーザーとなっており、このライトユーザーをいかにしてロイヤルユーザーに育成していけるかがポイントになりそうです。
 また、30代、40代のお茶系ドリンク購入者にPBの比率が高く、年配層はNBを購入する傾向があることを考慮すると、各世代の嗜好を考慮した販売戦略が求められそうです。


【サービス概要】
■ サービス名: 購買理由データ提供サービス
■ クレディセゾン「永久不滅.com」サイト上のサービス名: 『レシートで貯める』
■ 購買理由収集対象者: 800万人のクレディセゾンのネット会員の内、当サービス登録会員
■ 購買理由収集の方法:
- 指定カテゴリー(約50カテゴリー)の商品を実際に購入した会員が、その購買理由をレシート画像と共に報告
- 登録会員に、対価としてクレディセゾンが運営するポイントサイト「永久不滅.com」にてポイントを付与
■ 購買理由データの販売先: 消費財メーカー
■ 購買理由データの提供方法: 契約企業に専用WEBサイトを通してデータを提供
■ 当事業の特長:
- 日本初のレシートによる購買証明付き購買理由データ
- 800万人のクレディセゾンのネット会員を基盤とした購買理由情報
- 週次POSデータとの連動分析を可能とする週次購買理由データ
■ サービス詳細参照ページ: http://www.sbfield.co.jp/service/pob.html
■ 購買理由データ提供事業の全体図:


【ソフトブレーン・フィールド株式会社 会社概要】
ソフトブレーン・フィールド株式会社は、ソフトブレーン株式会社(市場名:東証1 部・4779、本社:東京都中央区、設立年月日:1992年6 月17 日、代表取締役社長:豊田浩文)のグループ会社として、全国の主婦を中心とした登録スタッフ約47,000 名のネットワークを活用し、北海道から沖縄まで全国のドラッグストアやスーパー、コンビニ、専門店など100,000店舗以上をカバーし、営業支援(ラウンダー)や市場調査(ミステリーショッパー、店頭調査など)を実施しています。
当社代表の木名瀬博は、2004年にアサヒビールの社内独立支援制度に応募し、合格第1号事業として独立しました。

本社所在地 :東京都千代田区有楽町2-2-1 ラクチョウビル7階
設 立 :2004 年7 月
資本金 :151,499,329円
代表取締役社長 :木名瀬 博
URL : http://www.sbfield.co.jp/

【サービスに関するお問い合わせ先】
ソフトブレーン・フィールド株式会社
山室(やまむろ)
TEL:03-5537-5496 FAX:03-5537-5982
お問い合わせフォーム:https://www.sbfield.co.jp/inquirytop/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング