~お茶系ドリンク2013年9月~10月の購買理由~新商品の「伊藤園 お~いお茶 ぞっこん」と「サントリー 緑茶 伊右衛門 特茶」が存在感を発揮! 「NB」と「PB」の購買内容に世代間で大きな差が

PR TIMES / 2013年11月12日 11時5分

 フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木名瀬博)は、株式会社クレディセゾンとの共同事業として、2013年2月1日にサービスを開始した購買理由データ提供サービスのデータをもとに購買理由に関する分析レポートを報告します。対象は、食品、飲料、日用品、医薬品、化粧品などの消費財商品約50カテゴリー。2013年11月10日時点で、購買理由データ数529,222件、会員数 42,384名です。
 本リリースでの分析レポートの購買対象期間は9月2日~10月27日の約2カ月、分析対象カテゴリーは「お茶系ドリンク(ペットボトル500ml以下、ペットボトル1,000ml以下、缶)」で実施し、全国を対象に7,247レシートデータ(男性:3,001レシートデータ、女性:4,246レシートデータ)の回答を基に分析しました。




◆期間中レシート数1位は「PB」、2位「伊藤園 お~いお茶 緑茶」、3位「日本コカ・コーラ 綾鷹」


 お茶系ドリンクカテゴリーの期間中における購入は、7,247レシートとなりました。このレシートデータをシリーズ別にみると、1位「PB(プライベートブランド)」が667レシート、2位「伊藤園 お~いお茶 緑茶」が617レシート、3位「日本コカ・コーラ 綾鷹」が540レシート、4位「サントリー 伊右衛門」が502レシート、5位「その他」が485レシートとなりました。
 期間中目立った動きをしたのは9月にリニューアルされた「伊藤園 お~いお茶 ぞっこん」と、10月に新発売された「サントリー 緑茶 伊右衛門 特茶」でした。それぞれリニューアル後、新発売後から好調な売れ行きを見たことがわかります。

◆ロイヤルユーザー数1位は「伊藤園 お~いお茶 緑茶」


 今回購入した商品を「いつも購入している(=ロイヤルユーザー)」、「以前に何度か購入している(=ライトユーザー)」、「今回初めて購入(トライアルユーザー)に分類してみると、レシート数では2位の「伊藤園 お~いお茶 緑茶」がロイヤルユーザー、ライトユーザーともにトップになっており、愛飲者が多いことがわかりました。
一方、リニューアルした「伊藤園 お~いお茶 ぞっこん」、「サントリー 緑茶 伊右衛門 特茶」がそれぞれトライアルユーザーの1位と4位となっており、新商品の試用意向が強い傾向がでました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング