男性の育休取得経験者の83.9%が、育休を「もう一度取得したい」

PR TIMES / 2014年6月17日 11時16分

男性の育児休暇取得に関する意識調査

2013年4月に発表された安倍政権の成長戦略では「女性の活躍推進」を柱の一つとして掲げており、結婚・出産後の女性の復職を推進するためにも2020年までに男性の育休取得率を13%にすることを目標としています。しかし男性の育休取得率は現状1.89%(※1)に留まっており、目標と大きくかい離しております。そこで株式会社ユーキャン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:品川泰一)はこのたび、子どもを持つ全国の男性ビジネスマン497名を対象に男性の育休取得促進を目的とした「男性の育児休暇取得に関するアンケート」を実施しました。
※1:厚生労働省「雇用均等基本調査」(平成 24 年度)より



【本リリースのトピックス】
(1)男性の育休取得経験者の83.9%が、育休を「もう一度取得したい」
(2)取得経験者・未取得者共通して「職場の理解」が未だ障壁。
(3)男性の育休取得が進むことで「企業のイメージ」「少子化対策」「女性の社会進出」に好影響。
(4)育休中の自由時間、自分磨きをするなら「資格取得に向けた勉強」

●「男性の育児休暇取得に関するアンケート」の詳細
http://www.u-can.co.jp/nr140617

--------------------------------------------------
(1) 男性の育休取得経験者の83.9%が、育休を「もう一度取得したい」
--------------------------------------------------
 男性の育休取得経験者の方に「また子どもが生まれたら、もう一度育休を取得したいか」と聞いたところ、83.9%が「もう一度取得したい」と好意的な回答をしました。また、取得経験者、未取得者両方に「男性が育休を取得するメリット」について聞いたところ、「家族との時間が取れる」や「子どもとの絆が深まる」など家庭に関する項目については未取得者が多く回答する一方、「効率的な時間の使い方に対する意識が上がる」という項目については取得経験者22.2%に対し、未取得者16.7%と実際に育休を取得した方が多く回答する結果となりました。
  男性が育休を取得することへの評価について、取得経験者を「過去に取得した」「現在取得中」、また未取得者を「取得意向あり」「取得意向なし」の層に分けてそれぞれ聞いたところ、育休の取得意向がない層でも「あまり良いとは思わない」と回答した人は僅か10.7%と、男性の育休取得に対する反対意向は低く、好意的な結果が見られました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング