スティーブ・ソレイシィ監修 英語スピーキングの新メソッド「BCS100」 BBT大学の超人気講座がついに一般公開!

PR TIMES / 2014年3月13日 14時46分

~どうしても話したい人に!「文章の連続性」に着目した超効率的な英会話トレーニング~

株式会社ビジネス・ブレークスルー(所在地:東京都千代田区、代表取締役:大前研一、以下BBT)が運営する文部科学省認可の「ビジネス・ブレークスルー大学(以下、BBT大学)」は、2014年3月13日より、スピーキングに焦点を絞ったBBT大学超人気英語講座「ビジネスコミュニケーション・スピーキング(BCS)100」の販売を開始いたします。こちらは、BBT大学の人気英語教授スティーブ・ソレイシィ教授がBBT大学で実際に教えている講義をベースにしたもので、「SPM」という全く新しい、画期的なメソッドを使用しています。

企業のグローバル化が進み、英語を話す必要性はますます増加しています。特にビジネスシーンでは、難しい表現を話すことよりも相手に伝わることの方が重要だという声をよく耳にするようになりました。ペーパー試験の点数が高くても、相手に伝わる英語を話すことができない人が日本には多く存在しますが、BBT大学教授スティーブン・ソレイシィ氏はその原因の一つとして「文章の連続性」を挙げています。

ある言葉を話すことができるという状態は、複数の文を連続して話し続けることができるという意味です。前振りや補足説明などが立体的に組み合わさることにより相手に自分の意図が通じるという事実を踏まえると、「通じる力」は連続した文章の中に生まれると言うことができます。つまり、「話すことができない」の正体は、「連続して英語の文章が出てこない」ということに他ならないのです。


その「文章の連続性」に着目し、「連続して文章がアウトプットする力」を徹底的に鍛えるのが本講座で使用されている「SPM(Sentences per Minute:1分間の発話率を測定)」メソッドです。このメソッドは、国際コミュニケーション博士でもあるソレイシィ教授が独自の研究に基づき開発したもので、1分間にいくつの文を話せるかを測定しながら、言いたいことをより正確に伝えるために口頭で連続した文章を作るトレーニングを徹底的に行うものです。スピーキングのトレーニングの後にライティングをはさむので、自分の言いたいことにじっくりと向き合い、定着させることができます。講義、スピーキング、ライティングを絶妙な割合でみ合わせており、説明能力の飛躍的な向上に貢献します。

本講座では、自分自身に関する内容をテーマとして取り上げ、「今自分が話せること」から始めて少しずつ話せる内容を広げていくという手法をとっています。レベルや状況など、一人ひとりにカスタマイズされたオリジナルなレッスンは、使えるスピーキング力獲得のために非常に有効です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング