PTCがAtego社を買収、モデルベース システムズエンジニアリング(MBSE)の実現によりマーケットリーダーとしてさらに躍進

PR TIMES / 2014年7月2日 12時13分

スマート・コネクティッド・プロダクツの市場投入加速を支援

【2014年 7月2日】PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC、社長兼CEO:ジェームス・E・へプルマン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 宏昭)は、本日、英国 チェルテンハムに本拠を置く、モデルベースシステムズエンジニアリング(MBSE)とソフトウェア開発のためのアプリケーションを開発するAtego社を、現金5,000万ドルで買収することで最終合意したとの米PTCの発表を明らかにしました。諸条件が整い、本買収に関する手続きが完了するのは2014事業年度第4四半期の予定です。

今回の買収は、PTCの製品ライフサイクル管理(PLM)ならびにアプリケーションライフサイクル管理(ALM)ソリューションの機能を拡張し、また、強力なモデリング機能の提供により顧客のシステムズエンジニアリングに関する取り組みを支援するという、PTCのコミットメントを強化することにつながります。


Atego社の市場をリードするMBSEソリューションは、要件開発、アーキテクチャモデリング、モノとしての製品の定義、システム検証を連携させるものです。その際、効率化とプロセスの標準化が推進され、分散する組織が協調しながら複雑なシステムのデジタルモデルを構築し、それと同時に、システムのバリエーションの管理やデータの流用が実現できます。高度なメカ、エレキ、ソフトウェアの要素で構成されるシステムの同期開発が必須となるスマート・コネクティッド・プロダクツの世界で、これらの機能の重要性が高まっています。


どのような製品でもコスト要因の大部分は開発早期の段階で発生するため、構想を生み出す早期の段階で適切な判断をすることが極めて重要になります。デジタルモデルがあることで、製造企業は製品の実現性の確認や製品性能を予測できるため、プロジェクト期間の短縮やプロジェクトコストの低減につながります。


CIMdata社長のピーター・ビレロ(Peter Bilello)氏は「この買収はPTCにとって、非常に理にかなったものと言えます。製品は、もはや単なる機構システムではなくなっています。モデルベースシステムズエンジニアリングは、複数の設計領域(メカ、エレキ、ソフトウェア、制御)や他の機能部門(製造、調達、財務、サービス、プロジェクト管理)全体のコラボレーションに対応するものです。CIMdataでは、MBSEは製品開発全体を網羅するパラダイムとなり、システムという考え方を推進するものになると確信しています」と述べています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング