Mixed Realityシステム開発のホロラボ、第三者割当増資により資金調達を実施

PR TIMES / 2019年8月30日 13時40分

Mixed Realityの本格的な普及と市場導入実現に向け、資本増強による開発力・組織力強化を行います!

株式会社ホロラボ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:中村 薫、以下「ホロラボ」)は、三菱UFJキャピタル株式会社(三菱UFJキャピタル7号投資事業有限責任組合、本社:東京都中央区、代表:代表取締役社長:坂本信介、以下「MUCAP」)、Golden Asia Fund Ventures Ltd.(Golden Asia Fund II, L.P.、本社:Cayman island 代表:Wen-Hsiung Liu、以下「日台ファンド」) 、みずほキャピタル株式会社(みずほ成長支援第3号投資事業有限責任組合、本社:東京都千代田区、代表取締役社長: 大町祐輔、以下「みずほキャピタル」)がそれぞれ運用するファンドを引受先とする第三者割当増資を実施したことをお知らせ致します。



(English follows Japanese)


ホロラボは2017年1月の創業以来、Microsoft HoloLensに代表されるMixed Reality(以下MR)の普及啓発活動と、多数のお客様へのご提案とPoC開発などを手掛けて来ましたが、日に日にMRの業務利用へのニーズは増大し当社事業も順調に拡大、それに対応してチームの人員増強も実施して来ました。


[画像1: https://prtimes.jp/i/23638/20/resize/d23638-20-659239-5.png ]

2019年に入りお客様との開発プロジェクトが質と数の双方で増大する一方で、3D設計データ可視化のためのSaaSパッケージ「mixpace」をリリースするなど、更なる業務拡大の必要性を受けて今回の資金調達を実施することとなりました。


[画像2: https://prtimes.jp/i/23638/20/resize/d23638-20-466100-6.png ]

今回MUCAP、日台ファンド、みずほキャピタルよりの出資を受け、主として下記施策を実施します。

・MRコンテンツ開発力強化 (BIM/CADデータスペシャリストの登用と育成、UX/UIデザイン力向上)
・システム開発力強化(Azure他クラウドシステム連携強化)
・営業力強化(大規模案件に耐えうる人員配置、企画提案力強化)
・管理系増強(更なる企業成長に向けた土台作り)

今回の増資と昨年7月発表の資本提携と合わせて、累計で約1億8000万円の資金調達となりました。

(参考) 2018/7/30 ソフトバンク コマース&サービス、MCJ、ホロラボがAR/VR/MR分野で業務提携
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000023638.html
*ソフトバンク コマース&サービス株式会社は2019年1月にSB C&S株式会社に社名変更しています。

技術コミュニティ発で「技術が大好き」との気持ちで始まった小さな会社でしたが、その先鋭的かつ自発的な取り組みを多数のパートナー様やお客様にご支持を頂いての事業規模拡大が実現し、大変嬉しい気持ちです。

年内にリリースが予定されているHoloLens 2や、すでに北米や中国で販売開始されているAzure Kinect DKなどを活用した新たな開発プロジェクトやサービス開発の機会も具体的に見えて来ています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/23638/20/resize/d23638-20-330928-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/23638/20/resize/d23638-20-156867-4.jpg ]

今後とも、スタッフ一同でお客様やパートナーの皆さまと協力してMixed Realityの普及促進に努めます。

■出資担当者からのコメント
三菱UFJキャピタル株式会社  https://www.mucap.co.jp/
投資第二部 副部長 田口 順一氏

VR/AR/MRは、デバイスの機能向上と価格低下により、様々な分野で普及が期待できるフェーズに入ってきていると感じ、その成長に注目しています。
当社はMRの分野において、製造・建設業における人手不足を補うようなソリューションを中心に、様々な分野でサービスの提供、共同開発を積極的に進めているベンチャーです。
熱意とスキルの高いエンジニアチームが、MRを使った新しい社会の実現を目指し、真摯に取り組んでいる姿勢に共感した点も、投資を決めたポイントの1つです。
企業との協業や海外展開等、当社の成長に少しでもお役に立てるよう支援させて頂ければと考えております。今後もMR市場の拡大を牽引するような活躍を期待しております!

Golden Asia Fund Ventures Ltd.  https://www.mucap.co.jp/feature/fund/nittai/
Director (ITIC総経理) Hans Tai氏

日台ファンド(Golden Asia Fund)はMUCAPと台湾の創新工業技術移転股份有限公司(ITIC)が共同で設立したファンドで、日台間の産業振興に寄与するベンチャーへの投資を行なっています。
ホロラボ社は、モノづくりを得意とする台湾のさまざまな産業分野で活用出来る技術・サービスを有しており、既に台湾での市場開拓に着手されています。日台ファンドでは、台湾の大手メーカーやデベロッパー、大学等の研究機関等とのネットワークをフルに活用し、台湾におけるホロラボ社のビジネス拡大をサポートし、企業価値の向上をお手伝いしていきます。

みずほキャピタル株式会社  https://www.mizuho-vc.co.jp/
投資第二部 インベストメントマネジャー 久家 慎一郎氏


みずほキャピタル株式会社は、みずほフィナンシャルグループのベンチャーキャピタルとして、長年培ってきた知見やネットワークを活用し、投資やコンサルティングを通じて、お客さまの成長支援に取り組んでおります。
Mixed Reality技術の活用は、作業効率化や働き方改革に取組む建設業や製造業の現場を中心にニーズが高まっております。
ホロラボ社は、当分野で高い技術力を持つメンバーにより構成されており、今後5Gの普及やBIM連携の拡がりも見据え、更にニーズが高まる中、業界のトップランナーとして、幅広いお客様の課題解決に対応していけると大いに期待しております。

■ホロラボについて
株式会社ホロラボは2017年1月18日(Microsoft HoloLens日本上陸の日)に設立された研究開発型の企業です。Windows Mixed Realityに代表される最新技術をいち早く使いこなし、より多くの人たちが体験できるよう、調査研究、システム・アプリケーション開発、啓発活動を行っています。
2017年11月8日、Microsoft Mixed Reality Partner Program認定を取得しました。

https://hololab.co.jp


- English
HoloLab, a Mixed Reality system developer in Japan, raises capital through a third-party allocation of shares.

HoloLab enhances its development and organizational capabilities through capital increase in order to promote Mixed Reality and bring it to market.

HoloLab Inc. (Representative director and CEO: Kaoru Nakamura, headquartered in Shinagawa, Tokyo; hereinafter referred to as “HoloLab”) raised capital through a third-party allocation of shares which underwrites the funds managed by Mitsubishi UFJ Capital Co., Ltd. (Mitsubishi UFJ Capital No.7 Investment Limited Partnership; Representative director and President: Shinsuke Sakamoto, headquartered in Chuo, Tokyo; hereinafter referred to as “MUCAP”), Golden Asia Fund Ventures Ltd. (Golden Asia Fund II, L.P.; Chairman of the board of directors: Wen-Hsiung Liu, headquartered in Cayman island; hereinafter referred to as “Japan-Taiwan Fund No.2”) and Mizuho Capital Co., Ltd. (Mizuho Growth Fund No.3 Limited Partnership; Representative director and President: Yusuke Omachi, hereinafter referred to as “Mizuho Capital”).

In 2019, while the amount and required quality of our business projects are increased, we released the SaaS package "mixpace" for 3D design data visualization. We raised funds this time in response to the need for further business expansion.

We will enhance the following measures with the investment of MUCAP, Japan-Taiwan Fund No.2, and Mizuho Capital.

・MR content development capabilities. (educating and recruiting professionals in the fields of BIM/CAD data and improving UX/UI design performance.)
・System development capabilities. (acquiring knowledge of Azure and the other cloud systems.)
・Sales capabilities. (staffing for large-scale projects and enhancing planning and proposal capabilities.)
・Governance capabilities (building a foundation for further corporate growth.)

The total amount of funding is approximately 180 million yen, including with this capital increase and the capital alliance announced in July 2018.

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング