1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

複数国の人事・会計業務をデジタル代行する新サービス提供開始。「海外クラウド人事部」で海外現地の人事管理・人事給与を代行

PR TIMES / 2023年12月4日 10時45分

~Deelとマルチブックが協業したマネージドバックオフィスサービスで世界の人事・経理を一括管理、ガバナンス統一を実現~

米国発のグローバルHR企業のDeel Inc.(本社:米国 カリフォルニア州 サンフランシスコ、CEO: Alex Bouaziz、公式サイト:https://www.deel.com/ja/、以下 Deel)は、海外拠点を持つ企業経営管理を支援するクラウドERPサービスやBPOサービスを提供する株式会社マルチブック(東京都品川区、代表取締役CEO:渡部 学、以下「マルチブック」)と協業し、複数国の人事・会計業務をデジタル代行するマネージドバックオフィスサービスを提供開始したことをお知らせします。

Deelが企業の海外現地人材雇用に伴う労務・給与管理を強みとするため、グローバルでの人事管理・人事給与代行サービス「海外クラウド人事部」を新たに開始いたします。マルチブックですでに提供している各国での会計・海外経理業務代行サービス「海外クラウド経理部」と合わせ、グローバルでの本社と子会社間のガバナンス統一や、現地での人事・給与管理負担を軽減させることなどが可能になります。

「海外クラウド人事部」の詳細はこちら:https://www.multibook.jp/cloud/



[画像1: https://prtimes.jp/i/90798/20/resize/d90798-20-12464dd22074135c768f-0.png ]


背景


経済産業省が発表した『通商白書2022』によると、今後グローバルで加速するトレンドとしてデジタル変革が注視されています。国内でDXの活用による企業変革が重点的に図られるとともに、(1)アジア新興国と日本が共創を図るアジアDX、(2)アジアを中心に国境を越えたデータの流通・分析、(3)人的資本などの無形資産、等を活用して付加価値を生み出す新たなビジネスモデルへの転換需要が高まっています。※ 世界的な人材不足やデジタル改革が進む中、日本企業もこれらのグローバルトレンドに則った企業戦略が必要です。

こうした背景からDeelとマルチブックは海外業務における専門知識等を活用し、グローバルでのバックオフィス業務を代行するマネージドバックオフィスサービスの提供を開始いたしました。マルチブックがすでに提供を開始している各国での会計・海外経理業務代行サービス「海外クラウド経理部」に加え、Deelが持つ強みを活かしグローバルでの人事管理・人事給与代行を実施する「海外クラウド人事部」を発表します。これらを通じ、グローバル企業のバックオフィス業務を両社が共同して支援します。

※経済産業省 『通商白書2022』 2022年9月更新
https://www.meti.go.jp/report/tsuhaku2022/pdf/2022_gaiyo.pdf

以下4点が特徴です。

グローバルで企業ガバナンスが統一できること:本社と子会社間の報告業務を大きく効率化し、タイムリーに分析レポートを確認することが可能です。また、属人化によるミスを大幅に減らすことが可能です。


現地人材が不要であること:海外の経理業務や給与計算/支払い業務を企業に代わって代行します。各国で個別に会計事務所等代行業者と契約する必要がなく、ワンストップサービスが可能になります。


100カ国以上の国をカバーしていること:各国の専門知識を持ち、日本語や英語でのサポートおよび120以上の複数通貨をサポートします。


国際基準に対応したセキュリティサービスであること:クラウドを活用し、不正検知、情報管理、システムのアクセスに関する内部統制の強化が可能となります。

※なお、士業独占業務については各士業との顧問契約が必要となります。



■「海外クラウド人事部」詳細
・サービス名:海外クラウド人事部
・サービス内容:海外現地で人事スタッフを雇用することなく、海外人事業務を運用することができます。世界のHR専門家が各国の人事業務を代行し、入退社手続き、給与計算、給与明細の送付、対象国における給与振り込みや税金の支払いまで、あらゆる側面をサポートします。
・料金:導入範囲やサポートによって異なります。詳細はお問い合わせください。
・対応範囲:各国の給与計算、源泉徴収、法定福利、年末調整、給与明細、対象国における税金や社会保障の申告と納付、入社/退社手続き、API連携等

■「海外クラウド経理部」サービス概要
・サービス名:海外クラウド経理部
・サービス内容:海外現地で経理スタッフを雇用することなく、海外経理業務を運用することができます。30カ国の経理業務を支える「multibook」ERPシステムと企業専用の経理チームが企業に代わって経理業務を遂行します。 現地経理人材の採用が不要。本社への報告業務も対応可能です。
・料金:導入範囲やサポートによって異なります。詳細はお問い合わせください。
・対応範囲:会計ERPソフトの提供、記帳代行、海外拠点の会計、本社海外業務対応、税金申告、連結決算、 レポート等

●本件に関するご質問やお問い合わせ先
(ご利用を検討されている企業様もお気軽にお問い合わせください)

こちらより無料相談をご予約ください。
https://www.deel.com/ja/request-a-demo

■株式会社マルチブック 会社概要
会社名:株式会社マルチブック
代表者:代表取締役CEO渡部学
設立:2000年9月
本社:東京都品川区西五反田1-1-8 NMF五反田駅前ビル5階
海外拠点:シンガポール ・タイ ・香港 ・ オランダ
事業内容:クラウド型会計・ERPサービス「multibook」等の企画・開発・提供
海外拠点のバックオフィス業務代行(BPO)「海外クラウド経理部」のサービス提供
URL:https://www.multibook.jp/

■Deel Inc.について
会社名:Deel Inc.
本社:米国 カリフォルニア州 サンフランシスコ
代表者:CEO Alex Bouaziz
URL:https://www.deel.com/ja/
Deelは2019年に設立された、海外在住の人材を各国の法令を遵守しながら雇用し、現地通貨で給与を支払うことができるサービスを提供している、業界のリーディングカンパニーです。日本へは2021年12月に進出しました。Deelでは世界中の従業員の雇用と管理に必要な、代替雇用サービス、各国の法令に準じた契約書、給与計算・現地通貨での支払い、労務管理、福利厚生、備品管理、ワークスペース、ビザなど様々な機能を提供しています。

Deelは2021年のシリーズDによって合計資金調達額が6億3,000万ドル(約878億円)となり、2023年1月には評価額120億ドル(約1兆6,740億円)、ARR2億9,500万ドル(約411億円)となったことを発表いたしました。現在100カ国以上にDeelの現地法人を設立し、世界中から2,800人以上がDeelのメンバーとして参画しています。

■Deelの主要サービスについて
Deelは、企業が海外人材を雇用する際に必要な各国の法律や税制に準拠した雇用・支払プラットフォーム及び、現地人材の雇用を代行するEOR(Employer of Record)サービス※等を提供しています。Deelのお客様は、世界中のコントラクターや従業員をコンプライアンスに則って、数分で雇用することができます。250人以上の法律、会計、税務の専門家をパートナーに持つDeelが準備した150ヵ国以上のテンプレートから、コンプライアンスに準拠して各国の制度に適応した契約書を作成・署名・送信し、ワンクリックで120以上の通貨でチームに報酬を支払うことができます。
※EORとは:Employer of Recordの略。グローバルでの雇用代行を実現する仕組みのこと


[画像2: https://prtimes.jp/i/90798/20/resize/d90798-20-d1611ccb352d1fa39566-0.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください