製造現場発! !省エネ大賞受賞の診える化ツールを商品化

PR TIMES / 2013年5月28日 19時29分

「環境あんどん(TM)」及び「センサネットワークサーバ」の 発売について

 オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:山田義仁)は、当社工場で培った省エネノウハウを実装したエコものづくり支援ツール「環境あんどんTM:EQS-AD10」(以下環境あんどん)、「センサネットワークサーバ:EQ100』(以下EQ100)を2013年6月から発売します。



-------------------------------------------------------------------------------------------------

商品名:環境あんどん 形式:EQS-AD10 標準価格:オープン価格 
発売時期:2013年6月  販売目標(3年間累計):500台

商品名:センサーネットワークサーバ  形式:EQ100 標準価格:198,000円 
発売時期:2013年6月 販売目標(3年間累計):3,000台

-------------------------------------------------------------------------------------------------

 当社では、環境経営ビジョン“グリーンオムロン2020”を策定し、「事業活動での環境負荷の低減」と「商品・サービスによる環境貢献の拡大」により「ECOものづくり」を進めています。

その取組みの一つである当社の綾部工場の省エネ環境改善事例『“環境あんどん”による工場の「診える化」と「最適化」ECO活動』が、2012年度省エネ大賞(事例部門)の最高賞である「経済産業大臣賞」を受賞しました。
このたび、この綾部工場の省エネ活動で中核となったコミュニケーションボードと製造現場の診える化ツールを、生産工場をお持ちの多くのお客様に導入して頂けるよう商品化し、製造現場発のエコものづくり支援ツール「環境あんどん:EQS-AD10」として発売します。

本製品では、品質・生産性とエネルギー量の「あるべき姿や目標」と「現状」を常時・一元監視。ギャップが出始めれば、事前に警報でお知らせします。異常やギャップを事前に知ることで早期に対策を実行でき、常時一元監視することで経過を分析し、改善策への気付きも生まれます。
品質・生産性を上げる取り組みの中で、同時に省エネも実行できるという、一歩先行く省エネ活動をサポートするツールです。この環境あんどんにデータを集約するサーバとして「センサネットワークサーバ:EQ100」も6月に合わせて発売を開始します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング