~発売1周年のプリン「2秒のくちどけ」がリニューアル~ 「ココロが疲れたら、プリン」 証明された、“プリンの口どけ=2秒”のベストバランス

PR TIMES / 2013年4月16日 11時37分

森永乳業の「2秒のくちどけ」シリーズは、口に入れてわずか2秒でとろける、“口どけの良さ”と“濃厚な味わい”を追求したプリンです。2012年4月の発売開始から1周年を迎えるのに合わせて、「2秒のくちどけ 濃厚カスタード」を、4月8日(月)より順次、リニューアルいたしました。また、新商品「2秒のくちどけ 濃い抹茶&ミルク」を4月16日(火)より全国にて発売いたしました。
あわせて、会社員500名を対象に、「疲れと食べ物に関する意識・実態調査」を実施いたしました。さらに、その結果を受けて、静岡産業大学で講師を務める、日本感性工学会所属の工学博士・熊王康宏氏に「2秒のくちどけ」シリーズの「感性評価実験」を依頼いたしました。
これらの調査からは、「2秒のくちどけ」シリーズが「癒され感」、「安心感」といった情緒的要素を生み出すこと、そして、これらの情緒的要素は、“口どけ=2秒”という絶妙なバランスによるものではないか、という見解が熊王博士より示されました。




[調査概要]

今回、森永乳業では、下記(1)、(2)の2つの調査を行いました。それぞれ概要をご紹介します。


(1) 働く男女へのアンケート調査:「疲れと食べ物に関する意識・実態調査」

疲れた時には、甘いものをカラダが自然と求めてしまうものです。今回の調査でも、会社員500名に「甘いものが欲しくなる時」を聞くと、6割の人が「疲れた時」と回答しました。
「プリンが食べたくなる時」については、「癒されたい時」、「リラックスしたい時」といった回答が多く挙げられました。また、「疲れた時にプリンを食べたくなることがある」という人に聞くと、約8割の人が、「ココロが疲れた時にプリンを食べたい」と回答しました。“癒されたい時”や“リラックスしたい時”に食べたくなる「プリン」は、ココロが疲れた時にぴったりと言えます。
ココロが疲れた時に食べたくなるプリンの条件としては、「口どけの良いもの」という回答が最多でした。これは「2秒のくちどけ」シリーズの特長でもあります。そこで、「2秒のくちどけ」シリーズが“ココロの疲れ”を癒すことができるのか、熊王博士に科学的な調査を依頼しました。


(2) 熊王博士に依頼して行った実験:「2秒のくちどけ」の感性評価調査

熊王博士の実験では、「2秒のくちどけ 濃厚カスタード」を実際に食べてもらった方が、「癒され感」や「安心感」を感じ取っていたことが明らかになりました。
また、熊王博士は、これらの情緒的な要素が生まれる背景として、『味覚』と『食感』の双方に働きかける「口どけ=2秒」という絶妙のバランスが重要ではないか、とコメントしています。
2秒より短ければ、食感が流動的になるため、味覚のみの評価となってしまい、2秒より長ければ、「口どけの良さ」が弱くなってしまいます。つまり、情緒的な要素を生む『食感』と『味覚』が両立するベストバランスが、「口どけ=2秒」ではないか、との見解を示しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング