グラスで作ってそのまま飲める。HARIO「 フルーツスムージーメーカー」新登場。

PR TIMES / 2014年4月15日 11時28分

1杯分のフレッシュジュースが手軽にできる、グラス感覚のハンディージューサー

フレッシュジュースのおいしさと言ったら・・・市販のジュースとはやっぱり別格!
野菜やフルーツを使ったスムージーやフレッシュジュースは食物繊維や果肉を丸ごととれて、今話題の健康と美容に大切な「酵素」も豊富に含まれている。
でも、いざ家庭で一人分のフレッシュジュースをつくるとなると、わざわざ電動式ジューサーを用意するのはちょっと面倒。準備や後片付けにも手間がかかる―――。
HARIOの新アイテム「フルーツスムージーメーカー」は、1杯分のフレッシュジュースを手軽につくれる手動式のジューサー。




使い方はとっても簡単。一口大にカットしたフルーツと水・牛乳・豆乳などをガラス容器のスリーブ(バンド)の下まで入れ、ツマミを上下させて20~30回撹拌(かくはん)したら、スリーブの上まで液体を加え、さらに2~3回撹拌すれば、できあがり!あとは、フタをはずしてそのまま飲むだけ。作ったガラス容器はそのままグラスになるから、洗い物も少なくて済むし、忙しい朝にもぴったり!

手軽にできる撹拌のカギは、ステンレス製スパイラルシャフトにある。ツマミ部分を上下させるだけで、シャフトの刃が果肉をすり潰す仕組みだ。グラス型は扱いやすいだけでなく、すぐに飲まないと分離して味が落ちてしまう手作りジュースの弱点も解消してくれて良いこと尽くめ。

「イチゴとブルーベリーのスムージー」「マンゴーラッシー」など、女性が大好きな10のレシピが付いているから、すぐに楽しめるのもウレシイ!今日から「フルーツスムージーメーカー」で、手軽でおいしいフレッシュジュース習慣をスタートしてみてはいかが?

<特長>

●1杯分のフレッシュなジュースを手軽に作れる、ハンディー&パーソナルタイプのジューサー。

●「スパイラルシャフト」を上下させることで、刃の部分が回転。果肉をすりつぶし、撹拌させる。

●手動式なので、熱に弱い酵素やビタミンCやB群をたっぷり摂ることができる。

●撹拌した後は、本体ガラスはそのままグラスに。洗い物も少なくて済む。

●握りやすくて持ちやすい。使いやすいサイズ設計。

●食洗機・電子レンジ対応で、使い勝手&お手入れ簡単。丸洗いもOK!

●「黒ゴマとアボカドバナナのスムージー」「マンゴーラッシー」「アサイーボウル」など、女子力アップな10種類のレシピ付き。
■製品名:フルーツスムージーメーカー

■価格:2,000円(税抜)

■実用容量:300ml

■サイズ:径8.8×高さ16×口径8.3 cm

■カラー:オフホワイト、レッド

■材質:ガラス本体/耐熱ガラス

ツマミ・フタ・ブレード/ポリプロピレン

シャフト/ステンレス

スリーブ・パッキン/シリコーンゴム

■原産国:日本

◇食洗機・電子レンジ使用OK!

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング