1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ブリスコラ、会津若松市のスーパーシティ構想実現に向けた活動に参画

PR TIMES / 2021年10月5日 11時33分

~ データ利活用推進の活動を軸に、「一般社団法人スーパーシティAiCTコンソーシアム」 に加盟 ~

株式会社ブリスコラ (本社:東京都港区、代表取締役:末貞 慶太郎、以下、ブリスコラ) は、会津若松市のスーパーシティ構想推進のために設立された「一般社団法人スーパーシティAiCTコンソーシアム」に参画し、データ利活用分科会の一員として活動していくことを発表します。なお、ブリスコラの末貞はスーパーシティAiCTコンソーシアムの理事に選任され、アクセンチュア株式会社とCCCマーケティング株式会社の3社にて、データ利活用分科会を推進してまいります。



[画像1: https://prtimes.jp/i/3223/21/resize/d3223-21-76a77d613a88ecdaa069-0.png ]

スーパーシティAiCTコンソーシアムは、この10年間会津若松市が進めていたスマートシティプロジェクトである「会津モデル」をスーパーシティへステージアップすることを目指し、これを推進していくための運用法人として設立されました。会津若松市では、行政の持つオープンデータの活用や市民とのインタラクティブポータル「会津若松+」の開設など、地域DXを実現するための基盤づくりに注力し、市民から事前に許諾を得るオプトインモデルも含めた様々な取組みをこの10年進めてきました。会津若松市内のICTオフィスビル「スマートシティAiCT」開設以降、多くのデジタル企業や地方創生に先進的な企業が入居し、今回のコンソーシアムにも多くの企業が各社の特性や知見を活かし参画をしています。

ブリスコラは、スマートシティAiCTに2020年11月「API Lab AIZU」を設立し、APIおよび APIマネジメントに関する研究・開発やサポート事業を行っています。今回のスーパーシティAiCTコンソーシアムへの参画にあたっても、このAPI Lab AIZUで培ったデータ連携基盤/都市OS構築に関する知見や、これまでの企業への導入実績をもとに、データ利活用分野のシステム面において尽力していきたい考えです。

スマートシティ/スーパーシティ構想において、市民の明示的な事前承認を得る「オプトイン方式」によるデータ活用は非常に重要な要素であり、このオプトインを前提としたデータ連携基盤を構築することで、市民へのサービス提供における高付加価値化を実現します。ブリスコラは、そのために必要となるIdP(※1) やAPIの標準化、また高セキュリティの認証認可の仕組みの策定に取り組み、その実装に必要な都市OSのAPIプラットフォームの要件を分科会で整理し、会津若松市のスーパーシティ構想実現に向けて支援してまいります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/3223/21/resize/d3223-21-8b5f2c9cef81c4f0e396-1.png ]

中村 彰二朗氏 一般社団法人スーパーシティAiCTコンソーシアム 代表理事
このたびブリスコラさまがスーパーシティAiCTコンソーシアムに参画し、スーパーシティ構想実現に向けた活動を共に推進できることを歓迎します。データ利活用分科会の一員とし行政や民間が保有するデータをオプトインをもとに連携・活用することを目指し、データを安心・安全に管理運用する仕組みを実現できるよう、ブリスコラの持つAPI分野やシステム面での強みを発揮してくれることに期待します。

■ 一般社団法人スーパーシティAiCTコンソーシアム https://www.aict.or.jp/
所 在 地 : 福島県会津若松市東栄町1-77
代表理事 : 中村 彰二朗
(アクセンチュア・イノベーションセンター福島 センター共同統括 マネジング・ディレクター)
設   立 : 2021年6月22日
会員企業数 : 64社 (2021年10月1日現在)

※1 IdP Identify Providerの略称。ユーザーIDを保存および検証するサービス。

■株式会社ブリスコラについて
株式会社ブリスコラは、デジタルテクノロジ(ビッグデータ、IoT/M2M、センサークラウド、AI等)を活用した幅広いアプリケーションやサービスを実現するために鍵となるAPIソリューションに特化した事業支援会社です。Kong製品の提供とともにAPI利活用に関わるコンサルテーションやAPIプラットフォームの構築支援についても多くの実績があります。
https://briscola-api.com/ (ブリスコラAPI事業専用サイト)
http://www.briscola.co.jp/ (企業サイト)

■Briscola API Management Service (BAMs) について
https://briscola-api.com/products/series/
BAMsは、Briscola API Management Serviceの略であり、ブリスコラが提供するAPI事業における製品・サービス・ソリューションからなる全ポートフォリオの総称です。特に世界で最も採用されているOSSのAPIゲートウェイである「Kong」を中心に、APIの設計開発から公開運用にいたるまでのフルライフサイクルAPI管理を実現した「BAMs Series」をサブスクリプションサービスとして提供しています。

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。


【当製品に関するお問合わせ先】
株式会社ブリスコラ TEL:03-6441-2614 https://briscola-api.com/contact/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング