(株)ナカニシ、サイバーソリューションズのクラウド型メールシステムを採用

PR TIMES / 2012年12月5日 11時46分

~グローバルビジネスを支える接続性と運用性の高い「CYBERMAILΣ」を導入~

サイバーソリューションズ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:秋田健太郎)は、株式会社ナカニシ(本社:栃木県鹿沼市、代表取締役社長:中西英一、以下(株)ナカニシと略す)が、当社のクラウド型のメールシステム「CYBERMAILΣ」(サイバーメールシグマ)を採用することを発表します。



(株)ナカニシは、歯科治療用機器から産業用グラインダーまで、多彩な製品を開発・生産・販売しており、特に歯科医療用の回転機器では世界トップクラスのシェアと実績があります。全世界135カ国における販売実績があり、現在、このグローバルな販売ネットワークの強化を推進しています。


これまで、(株)ナカニシではネットワークやサーバなど情報インフラのシステムの運用・管理の負担が大きくなっていました。またメールシステムの利用において、クライアントソフトが必要となるため、利用者にとっては使いたい時にいつでも使えるメール環境ではありませんでした。
そこで同社は、グローバルビジネスの展開を支えるメールシステムが必要と考え、ユーザの利便性と、世界中から24時間365日いつでも安心して利用できるメールシステムの実現と、その運用管理の軽減に向けて、新システムへの更新を検討しました。
その結果、サイバーソリューションズの提供するクラウド型のメールシステム「CYBERMAILΣ」が、同社のニーズ最も適していると判断され、採用されました。

「CYBERMAILΣ」は、スマートフォンなど各種モバイル端末からも接続性可能なWebメールであり、いつでも、どこからでも安心して利用できる利便性の高いメールサービスです。またクラウド環境による運用のため、ユーザにとってシステムの運用管理が大幅に軽減され、24時間365日の高い連続稼働性を実現します。
特に今回の採用においては、グループの情報共有基盤として採用する「ArielAirOne(R) Enterprise」との親和性も高く評価されました。
(株)ナカニシでは、来年の1月を目標に、新メールシステムを稼働する予定です。


【サイバーソリューションズについて】
サイバーソリューションズ株式会社は電子メールサーバをはじめ電子メールセキュリティ関連の製品を中心に、企業向けソフトウェアの開発、販売、提供をしています。
電子メールソリューションの分野におきましては、国内で約9,500社以上の企業で利用されている高性能Webメール機能搭載の統合型セキュア・メールサーバシステム「CyberMail」、内部統制・コンプライアンス対策として国内メーカー実績NO.1(※)のメール監査・メールアーカイブシステム「MailBase」、未知のスパムも情報漏洩の脅威からも高い投資対効果でシャットアウトできるアンチスパムシステム「MailGates」を開発、販売しております。2009年より自社の電子メールシステムの技術をクラウド・SaaS型の「CYBERMAIL∑」提供するサービス事業も開始しました。

(※)富士キメラ総研「2011ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」より。


日本の企業では珍しい独自のメールシステムの技術を有することにより、安全で快適な電子メール環境のトータルソリューションの提供を行っています。

●サイバーソリューションズ株式会社 会社概要

・会社名 サイバーソリューションズ株式会社
・設立日 2000年1月 
・代表者 秋田 健太郎 (アキタ ケンタロウ)
・事業内容  ソフトウェアの企画/開発/販売、SaaS/ASP事業、WEBソリューションのコンサルティング及び開発
・ホームページ http://www.cybersolutions.co.jp/
・所在地 〒108-0073 東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル8階
・連絡先 Tel: 03-6809-5858  Fax: 03-6809-5860

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング