パキスタン・タリバン運動(TTP)の掃討作戦により281,738人が難民が発生

PR TIMES / 2014年12月11日 9時50分

アフガニスタン・ワジリスタン難民支援 パキスタンから逃れてきた人々に毛布、調理器具、食糧を配布します。

シャンティ国際ボランティア会(会長 若林恭英/所在地 東京都新宿区)は、2003年にアフガニスタンに事務所を開設し、学校の建設や絵本出版などの図書館事業を行っています。

今回、パキスタンからアフガニスタンに281,738人もの難民が流入しています。着の身着のままで逃れてきた人々に越冬に備えるため食料と調理器具を配布することになりました。



■パキスタン・タリバン運動に対するパキスタン国軍の清掃作戦により難民が発生
ワジリスタン地区を実行支配しているパキスタン・タリバン運動(TTP)に対するパキスタン国軍の掃討作戦が行われています。同国軍とTTPの間での戦闘から逃れるため、本年6月中旬からパキスタンの連邦直轄部族地域ワジリスタン地区からアフガニスタンのコースト州、パクティカ州への難民の流出が始まりました。

現在も、帰還が始まるどころか流出が続いており、11月5日現在、37,565世帯、281,738人の難民が流入しています。

■難民への支援の状況
国連機関や赤十字などのNGOが食糧、保健、衛生、物資の支援を行っているものの、82%の世帯が食糧支援を受けていません。また43%が毛布などの物資の支援を受けていません。

毛布を受け取っても、79%の世帯がテントの配布を受けていないため、直接地面に横になるしかありません。12月20日から3月中旬まで続くコースト州の冬季の平均気温は2度と低いため、越冬に備えるための支援が必要とされています。

■毛布、食料、調理器具を配布します
シャンティ国際ボランティア会は2014年12月6日から2015年1月7日まで、最大の難民キャンプであるコースト州グルバズ郡のグラン難民キャンプを対象に支援活動を行います。

グラン難民キャンプは標高1,200メートルに位置し、8,000世帯の難民が生活しています。まだ支援を受けていない1,000世帯の7,500人が越冬に備えることを目的に、1世帯あたり1.5カ月分の食糧、7枚の毛布、鍋、ポットなどの調理器具の配布を行います。なお、この事業は、ジャパン・プラットフォーム(JPF)を通じた外務省資金による助成を受けて実施します。

◆募金受付中◆<手数料無料>
郵便振替: 00150-9-61724
加入者名:公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
*通信欄に「パキスタン難民」と明記下さい。
備考欄に「免」と明記ください。(手数料免除)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング