マネックス証券のコールセンターが 3 年連続で最高格付け(三つ星)を取得

PR TIMES / 2013年1月11日 15時18分



 マネックス証券株式会社(以下「マネックス証券」)は、サポートサービスについての評価機関であるHDI(Help Desk Institute、ヘルプデスク協会)(注1)の日本組織HDI-Japan (注2)が発表した「『問合せ窓口格付け』2012 年度証券業界」において、最高評価の三つ星を取得しましたので、お知らせいたします。

 「問合せ窓口格付け」部門での三つ星受賞は2010 年度および2011 年度調査に引き続き3年連続での取得となりました。

 HDI-Japan によるマネックス証券コールセンターへの評価コメント(注3)は、次の通りです。


 ■問合せ窓口(電話)について
  優しく丁寧な雰囲気でコミュニケーションは図りやすく印象はよい。
  どの担当者も総じて丁寧で礼儀正しく敬意を感じ、進んで支援してくれる。
  説明もハキハキと分かりやすく、具体性もあり工夫ある対応と言える。


 HDI-Japan の格付けは、HDI の国際標準に基づいて認定された評価基準に沿って、一般ユーザーと専門家が顧客の立場から評価し格付けします。格付けは、三つ星~星なしの4 段階です。

 マネックス証券のコールセンターを管掌する執行役員 佐藤歩は、今般の格付け取得について、「当社は、お客さまとのコミュニケーションが極めて重要と考えており、お問合せ窓口はもちろん、全国各地でのセミナー開催、東京本社にて直接ご意見いただくオリエンテーションコミティ等を10 年以上続けています。真摯に取り組んだ結果、このような評価をいただけたものと考えています。マネックス証券は今回の評価に満足することなく、これからも、お客さまから選ばれるコールセンターを目指してまいります。」と述べております。

 詳細は、マネックス証券ウェブサイト(http://www.monex.co.jp/)をご覧ください。

 (注 1)HDI(ヘルプデスク協会)は、IT サポートサービスにおける世界最大のメンバーシップ団体であり、世界初の国際認定資格制度を築きあげました。HDI は1989 年に米国に設立され、現在のミッションは「カスタマーサービスおよびテクニカルサポートに従事する人々に価値ある出版物や各種情報をタイムリーに入手可能にし、イベントやオンラインでの相互協調を促進し、国際的に認知された認定とトレーニングプログラムを供給する」ことです。またHDI は業界で最も成功している「HDI 国際年次カンファレンス」をカスタマーサービス・テクニカルサポートプロフェッショナル向けに開催しています。HDI はそのメンバーを中心として運営を行い、どのベンダーからも中立で、人的ネットワークや情報共有を促進します。HDI は世界で50,000 の会員を有し、米経済誌フォーチュン・世界企業上位500 社の90%が加盟し、世界中に100 の支部を有しています。(HDI-Japan ウェブサイトより転載)

 (注2) HDI-Japan は2001 年に設立され、シンクサービス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役CEO 山下辰巳)により運営されています。

 HDI-Japan ウェブサイト http://www.hdi-japan.com/

 (注3) 2013 年1 月11 日発表「HDI 問合せ窓口格付け」結果報告より引用。

             以 上


【マネックス証券株式会社について】
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング