2014年度、新しい2つのTOEFL(R)テストがリリース!

PR TIMES / 2014年3月17日 16時40分

「TOEFL(R) Primary(TM)」, 「TOEFL Junior(R) Comprehensive」

このたび、グローバル・コミュニケーション&テスティング(代表取締役社長:中江 信一郎) (※)は、世界で受験者数が拡大しているTOEFL(R)テストファミリーに加え、新たに「TOEFL(R) Primary(TM)(トフルプライマリ)」、4技能テスト「TOEFL Junior(R) Comprehensive(トフルジュニアコンプリヘンシブ)」をリリースいたします。現在、世界で最も認められている英語運用能力テストTOEFL iBT(R)を中心としたTOEFL(R) テストファミリーにこれらの新しいテストが加わることは、英語学習初学者の学習をお手伝いするだけでなく、英語学習をより若い年代から開始する傾向が高まっている中でのタイムリーなリリースともなります。





◆TOEFL(R) Primary(TM) 

 TOEFL(R) Primary(TM)の受験対象者は英語学習初学者である8歳以上を想定しており、個々の受験者のリスニング、リーディング、スピーキングの能力を測ります。TOEFL(R) Primary(TM)は世界で認められたグローバルスタンダードであるTOEFL(R)テストファミリーのひとつであることから、テストからもたらされる価値ある情報は、授業や個人学習において、大きなサポートとなります。
 TOEFL(R) Primary(TM)は個々の学生のレベルに応じて、ステップ1またはステップ2のテストを選択することができます。リスニングとリーディングはペーパーベース、三択のマーク式で、スピーキングテストはコンピュータとヘッドセットを用いて行ないます。
 公開テストの価格は3,880円(リスニング+リーディング)、3,240円(スピーキング)です。
※TOEFL(R) Primary(TM)に関する詳細情報はこちらをご覧ください(http://gc-t.jp/toefljunior/)。


◆TOEFL Junior(R) Comprehensive

 コンピュータベースのTOEFL Junior(R) Comprehensiveの受験対象者は主に11歳以上を想定しており、受験者の英語によるコミュニケーション能力を測る信頼できるテストです。
テストはコンピュータを使って行い、リスニング、リーディング、スピーキング、ライティングの4技能を測定いたします。
 TOEFL Junior(R) Comprehensiveの公開テストの価格は9,500円です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング