「新職業創出プロジェクト」- オンライン動画でグロースハッカー養成カリキュラムを無料開講

PR TIMES / 2014年11月26日 11時9分

Kaizen Platformがオンライン動画学習サービスschoo(スクー)と連携 Webサービスを急成長させる “グロースハッカー” 養成カリキュラムを12月より開講

インターネット生放送を活用したコミュニケーション型動画学習サービス「schoo(スクー) WEB-campus」を運営する株式会社スクー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森健志郎、以下スクー)は、Kaizen Platform,Inc.(本社:米国カリフォルニア州 CEO:須藤憲司)と共同で「グロースハッカー養成カリキュラム」を全8回にわたって開講する。本カリキュラムの初回授業は12月4日(木)18:30より。生放送の受講はすべて無料。



■ これから注目される新しい職業 “グロースハッカー” を育てるカリキュラム
グロースハッカーとは、ビジネスの要点を理解して会員数やコンバージョンレート向上に寄付するデザイン上の提案し、企業やサービスを急成長させる仕掛け人のこと。このグロースハッカーを会員として抱え、Webサービスの成長を促進させるプラットフォームを展開するKaizen Platformは、これまで同サービスを通じて1000名以上のグロースハッカーを国内外に育てている。
今回のカリキュラムでは、受講者に作品を投稿してもらって効果検証をするなど、”グロースハッカー”という職業を実際に体験できる生放送授業となっており、生放送または録画ですべて受講した人には、全授業の修了証に代わる、「スクー認定グロースハッカー」の称号が同社から与えられる。
この肩書きは、Kaizen Platform内での自身のプロフィールに記載することが認められ、グロースハッカーの基本スキルとしての学習を終えていることを示す。
自身もグロースハッカーであるKaizen Platformの鬼石氏は「最初からグロースハッカーとしてのスキルを持っている人はいない。Webデザイナーやコピーライター、エンジニアといった背景を持つ人たちが”KAIZEN“の経験を何度も経ることによってグロースハックという視点を鍛え、この仕事が出来るようになる」と話しており、サイトを一つ作ったことがあるWebデザイナーを対象に、実際にこの仕事を体験してもらうことで、国内に「グロースハッカー」として活躍できる人材を育てる狙い。
カリキュラム詳細は、以下のとおり。
-----------------------------------------------------------

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング