「アニヴェルセル総研」第3弾、結婚意識調査 『今、プロポーズしたい・されたい場所 ランキング』

PR TIMES / 2014年3月3日 13時49分

見栄を張りたがる男性と、飾らない思いを大切にする女性の差が明らかに

ゲストハウスウエディングを展開しているアニヴェルセル株式会社(代表取締役社長 中村 宏明)は、継続的に実態調査を行い、ホームページ上に設置したコンテンツ「アニヴェルセル総研」(http://www.anniversaire.co.jp/brand/pr/soken1/)に、調査結果を公開しています。第3回目は、首都圏・関西在住の20歳から37歳の独身である男女1400名を対象に「結婚意識」に関する調査を行いました。「プロポーズしたい場所・されたい場所はどこですか?」(有効回答数1,232件)の質問に対し、男女総合1位では、自宅(家)であることがわかりました。



アニヴェルセル株式会社では、「幸せは、祝福されると記念日になる」というコンセプトのもと、「アニヴェルセル 総研」を通して、結婚に関する興味喚起を訴求してまいります。


意外!? プロポーズしたい場所・されたい場所の1位は「自宅(家)」

今回のアンケート(複数回答)で男女総合ベスト5は、1位「自宅(家)」、2位「夜景がキレイな場所」、3位「海が見える場所」、4位「おしゃれなレストラン」、5位「ディズニーランド(ディズニーリゾート)」という順位でした。

2位から5位までは、「いかにも」という場所で納得感がありますが、1位の「自宅(家)」はやや意外な感じがします。 その上、他の場所の得票率が10%未満なのに対して、13.7%という圧倒的な支持率です。さらにこの数字を男女別に見ていくと、男性の7.8%に対し、女性は14.5%という2倍近い支持を得ています。世の中の景気低迷や、若年層の就職難といった世相を反映しているとも考えられますが、プロポーズに関して女性は現実的であり、背伸びしたシチュエーションを求めない方が多いように思えます。

見栄を張りたがる男性と、飾らない思いを大切にする女性の差が

ランキングを男女別に比較してみると、ランクインしている内容は順位の違いはあるものの、5項目中4項目までが同じです。唯一異なるのはそれぞれ5位の項目で、男性5位の「高級レストラン」はここで初めて顔を見せる項目です。3位の「おしゃれなレストラン」と合わせると、その支持率は10.6%。男性にとって「レストランでのプロポーズ」は、実質的な1位といえます。


一生の思い出となるようなプロポーズの場を企画するのは「自分の役割」、という責任感が男性にはあるのでしょうか。少しだけ背伸びをしてかけがえのない場を演出したいと考える男性は、結婚に対して女性よりもロマンティックなイメージを抱いているのかもしれません。それとは反対に、1位に「自宅(家)」、5位に「ディズニーランド(ディズニーリゾート)」がランクインした女性は、日常の延長線上にある自分が大好きな場所、飾らない場所でプロポーズされることを望んでいるように思えます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング