GE、サイバーセキュリティ強化のため、ワールドテックを買収 ~インダストリアル・インターネット推進に向け、多層的なセキュリティ強化の一環として~

PR TIMES / 2014年5月13日 11時1分

*本資料は世界で配信されたGEリリースを抄訳としてご紹介するもので、当内容は5月9日に配信されました。

GEは高性能センサ等を備え、クラウドベースのネットワークで繋がったインテリジェントな産業機器と、高度なアナリティクス技術を融合させ、お客さまの産業機器やそのオペレーションを最適化させる「インダストリアル・インターネット」をグローバルで推進しています。(インダストリアル・インターネットとは:http://www.ge.com/jp/company/industrial_internet/index.html

インダストリアル・インターネットを推進するうえで重要な課題の1つが、ミッションクリティカルと言われる重要な社会インフラ機器のセキュリティ確保です。このために2013年からGEはIoT (Internet of Things) 分野で優れたセキュリティ技術を有するMocana社やAPT攻撃(※1)やゼロディ攻撃(※2)への先進的な対応技術をもつThetaRay社に戦略的な投資をおこなうなど多層的なサイバーセキュリティの強化に務めてきました。

このたびGEはカナダ・バンクーバーに本社をもつ、サイバーセキュリティ分野の先進企業であるワールドテック買収の正式契約を発表しました。ワールドテックの製品やサービスは、石油精製や電力網のような複雑な環境、また医療機器やスマートメーターのような個別機器において利用されており、重要なインフラを保護し、主要産業に対するグローバル規模のサイバーセキュリティ強化に対するGEの取り組みの一環です。

システムやデータを保護するための従来型のIT技術では、オペレーション技術(OT)に対応することが極めて困難です。ワールドテックのソリューションは、サイバーセキュリティに対して戦略的手法を提供し、人とデータ、そして機器を結びつけるオペレーション技術をより安全に保護し、システムの稼働時間を最大化、脆弱性を最小化します。

ワールドテックのおもな技術と専門的なサービスは以下となります。

・Achilles(R) Test Productsは製品や重要なインフラにおけるオペレーション上の脆弱性を発見し、 根本原因を分析。
・Achilles Threat Intelligenceは産業向のファイアウォールでOTネットワークを保護。
・Achilles Communications & Practices Certificationsは機器間の通信・コミュニケーションとベストプラクティスを評価。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング