日本企業の成功事例から学ぶグローバル人事・採用の重要性

PR TIMES / 2014年5月20日 16時24分

ヘイズ・ジャパン 【グローバル人事・採用エキスパートのための専門誌「ヘイズ・ジャーナル」第7号より】

【2014年5月20日】  グローバル人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、リージョナル・ディレクター ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は、同社が刊行している人事・採用専門誌「ヘイズ・ジャーナル」最新号(5月7日発行、第7号)に掲載された「Rising in the East: East Asia’s Global Influence(世界へ進出する東アジアの企業群)」という特集記事を、日本独自の視点で考察した論説を発表しました。

日本、韓国、中国、台湾など、東アジアのグローバル企業は、それぞれが培った独自のビジネス手法を活用しながら海外における事業拡大を加速しています。日産、キヤノン、サムスンなど、グローバルに成功しているアジア企業は、日本や韓国における伝統的な価値観に、進出各国の現実・背景をふまえた新たな視点を取り入れることにより、グローバル企業として世界から認められる独自の企業文化を築いてきました。

欧米とは異なる企業文化をもつアジア企業がグローバル規模で成功する中、今や欧米企業はアジア企業の成功事例を検証し、自らの海外展開にアジア企業のビジネス手法を取り入れようとしています。

例えば、航空機メーカー最大手のボーイング社は、日本の自動車産業から生まれた生産管理手法「リーン方式」を採用し、継続的な改革を表す「KAIZEN(改善)」という言葉も導入しました。今や「KAIZEN」は、欧米企業の中で定着した共通言語となっています。

また、日本の企業文化においては、組織構成とプロセスが明確に定義付けされているので、海外進出の際にも、その行動形式や階層構造をそのまま移管できるというメリットもあります。

ヘイズ・ジャパン日本代表であるリージョナル・ディレクターのジョナサン・サンプソンは、東アジア企業の海外における成功事例を検証した上で、人事・採用の視点で学ぶべき事柄について次のように述べています。

「海外展開で成功している東アジア企業から学ぶべき点は、現地の市場環境や文化を的確に理解した上で、各国における顧客の多様性(ダイバーシティ)を十分に考慮し、それらに対応できる優秀な現地スタッフを採用している事です。」

「一方、採用企業側にとって難しいのは、海外オフィスで現地スタッフを採用しつつ、本国本社が培ってきた企業文化の本質的価値や文化的特徴をいかに維持していくかという点にあります。グローバル企業における人事部門の重要性は、世界各地の文化的な価値観を配慮しつつ、同時に現地のビジネス慣習を尊重するための統合的役割にあるのです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング