サイバーセキュリティクラウド 不動産業界へ販路拡大不動産事業を手掛けるアンビション社と資本業務提携

PR TIMES / 2015年10月5日 19時50分

~アンビション社によるサイバーセキュリティサービスの販売・提供もスタート~

株式会社サイバーセキュリティクラウド(東京都渋谷区 代表取締役:新田 憲佑 以下、CSC) は、賃貸管理・仲介、不動産売買の事業を行う株式会社AMBITION(東京都渋谷区 代表取締役社長:清水 剛 以下、アンビション)と、不動産ビジネスにおけるサイバー攻撃ならびに情報漏えいの防止を目的として、2015年10月2日付で資本出資および業務提携に関する契約を締結しました。

■業務提携の経緯
昨今、サイバー攻撃被害が年々増加傾向にある中、企業や国・地方自治体等のHPが狙われるケースも増えており、今後企業として自己防衛は必要不可欠といえます。また、2014年11月6日、“サイバーセキュリティ基本法”が成立し、各企業にはサイバーセキュリティ対策やマイナンバーなどの個人情報保護対策の強化が求められています。さらに、サイバーセキュリティ市場は、2019年に8202億円市場(※)になると予想されています。
上記を受けCSCでは、個人情報を特に多く扱う不動産事業を手掛けるアンビション社との資本業務提携を行い、不動産業界全体のサイバーセキュリティ強化に取り組んでまいります。
この度、アンビション社はCSCのセキュリティシステム「攻撃遮断くん」※1を自社HPに導入しセキュリティ対策を実施するとともに、低価格での導入が可能な「攻撃遮断くん」を不動産業界各社に対し販売・提供を行うこととなりました。これらを通じCSCでは不動産業界へのサイバーセキュリティ対策の販路を拡大し、今後も様々な業界各社へ安全なシステム運営を可能とするセキュリティ対策を提供してまいります。(※IDC Japan調べ)

―「攻撃遮断くん」※1とは
「攻撃遮断くん」は、サーバへのあらゆる攻撃を遮断するIPS+WAFクラウド型サーバセキュリティです。革新的な仕組みにより、クラウド(IaaS)を含むほぼ全てのサーバに対応し、ネットワーク、OS、Webアプリケーションへの攻撃を防ぎます。保守・運用に一切の手間をかけることなく、24時間365日のセキュリティを実現します。NTTドコモをはじめ、官公庁、大手金融機関、大手航空会社、大手ECサイト、大手広告代理店、大手メーカーなど150IP400サイト以上に導入いただいております。

<株式会社サイバーセキュリティクラウドについて>
サイバーセキュリティクラウドは、クラウド型サーバセキュリティサービス「攻撃遮断くん」の提供を中心とした「サイバーセキュリティ事業」を展開しています。「世界中の人々が安心・安全に使えるサイバー空間を創造すること」を企業理念とし、お客様の事業規模に関係なく全ての企業様が安心・安全にサイバーセキュリティサービスを利用すること、そしてその安心・安全なサービスの全世界へ普及させることを目標としています。 (URL: http://www.cscloud.co.jp/ )

<株式会社 AMBITIONについて>
アンビションは「不動産SPA」企業としてプロパティマネジメント業からインベスト事業、不動産賃貸仲介業「ルームピア」まで、一気通貫のサービスを提供しています。そのため、賃貸・売買物件の調達、流通、販売、賃貸仲介、企画、運営を一貫して行うことが可能になりました。自社管理物件を扱うことにより、柔軟に顧客ニーズをとらえた初期費用(敷金・礼金)ゼロで家を借りることができる「スーパーゼロプラン」や、賃貸仲介業「ルームピア」・「VALOR」での60%を超える成約率、顧客のニーズを把握した適正仕入れ価格の提示、賃貸ノウハウを活かした適正なリノベーションを実現しています。今後も、顧客の様々なライフステージに置いて不動産に関する様々なサービスを提供していきます。
(URL: http://www.ambition-group.co.jp/)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング