NVIDIAとTomTom、自動運転車向けマッピング・システムを共同で開発

PR TIMES / 2016年9月30日 11時53分

TomTomはリアルタイムのHDマップ更新向けにNVIDIA DRIVE PX 2を選択



[画像: http://prtimes.jp/i/12662/21/resize/d12662-21-664216-0.jpg ]


2016年9月28日-アムステルダム-GPUテクノロジ・カンファレンス(ヨーロッパ)–マッピングおよびナビゲーションを扱うオランダのグループであるTomTom(TOM2)とNVIDIAは本日、自動運転車向けCloud-to-Carマッピング・システムを構築するための人工知能の開発に向け、提携することを発表しました。

TomTomのHDマップ対象エリアは広範囲に及び、すでに12万kmを超える幹線道路や高速道路に広がっていますが、この協業により、その対象エリアとNVIDIA DRIVE™ PX 2コンピューティング・プラットフォームが組み合わされます。この2つを組み合わせたソリューションにより、幹線道路の運転に対し、車載されるリアルタイムの位置特定機能およびマッピング機能のサポートが加速されます。

NVIDIAの共同創設者兼CEOであるジェンスン・フアン(Jen-Hsun Huang)は、初の開催となったNVIDIAのGTC Europeにおいて、この協業を発表しました。GTC Europeは、7年目を迎えたNVIDIA GPUテクノロジ・カンファレンス(シリコンバレーで毎年開催)の欧州地域版です。

NVIDIAのオートモーティブ事業担当バイスプレジデント ・ 統括マネージャーのロブ・チョンガー(Rob Csongor)は、次のように述べています。「自動運転車は、常に最新のHDマップをクラウドで生成できる、きわめて正確なHDマッピング・システムを必要とします。DRIVE PX 2 for AutoCruiseにより、TomTomには、HDマップを更新するため、車載されるリアルタイムのソースが提供されます」

NVIDIA DriveWorksソフトウェア開発キットには、TomTomのHDマッピング環境向けサポートが組み込まれました。自律走行車を開発するすべての自動車メーカおよびティア1サプライヤは、オープン・ソリューションを利用できます。

TomTomの自律走行部門を率いるウィレム・ストリボッシュ(Willem Strijbosch)氏は、次のように述べています。「この協業は、TomTomにとって重要な一歩です。当社のきわめて正確なHDマップとNVIDIAの自動運転車プラットフォームを組み合わせれば、自動車メーカに対して新しい機能をより迅速に提案でき、その結果、自律走行の商用化を早めることができるでしょう」

GTC EUROPEの参加者は、自動運転車の脳内で何が起こっているかを目の当たりにできます。DRIVE PX 2 AI車載コンピュータおよびNVIDIA DriveWorksソフトウェアによる物体検知、空きスペース算出、地図上の位置特定、およびルート設定のデモンストレーションは、9月28日~29日、アムステルダムの旅客ターミナル(Passenger Terminal)ビルで開催されるイベントで公開されます。

TomTomについて
TomTom(TOM2)の使命は、テクノロジを利用しやすく、誰もがその恩恵を受けられるようにすることです。TomTomは、使いやすいナビゲーション機器を生み出し、何百万人もの人々が望むところに行けるよう支援しました。現在も引き続き、複雑なことをシンプルにして、テクノロジを誰もがより利用しやすくなるよう努めています。TomTomには、対顧客部門として、コンシューマ、テレマティクス、オートモーティブ、ライセンス供与の4つがあります。

TomTomは、コンシューマ向けに、使いやすいナビゲーション機器、スポーツ・ウォッチ、アクション・カメラを生産しています。車両を使用する企業は、保有車両のより容易な管理と効率向上を実現すると同時に、テレマティクス・ソリューションを利用して全体的なビジネス・パフォーマンスの向上につなげることができます。また、世界トップレベルのリアルタイム・マッピング・プラットフォームを提供しており、ロケーション・ベースの革新的なサービスに役立つとともに、自動車業界にとっては、自動運転を実現する手段になります。

1991年に創設され、アムステルダムに本社を置くTomTomは、4,600名以上の従業員を擁し、世界各地で製品を販売しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング