1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ノンフィクションライター・宇都宮徹壱さんのnoteが書籍化!サッカーフォトエッセイ『蹴日本紀行』が7月31日に発売

PR TIMES / 2021年7月30日 12時45分

メディアプラットフォームnoteで、写真家・ノンフィクションライターの宇都宮徹壱さんが連載した「フットボールの白地図」が書籍化し、『蹴日本紀行 47都道府県 フットボールのある風景』としてエクスナレッジから7月31日(土)に発売されます。宇都宮さんは、noteを「試作(あるいは思索)の場」として、全国各地で取材したサッカー文化を写真と文章で紹介。本書は、47都道府県それぞれに根付く「サッカーのある風景」を紹介した1冊です。

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、これからもクリエイターのみなさんの活動をサポートしていきます。



[画像1: https://prtimes.jp/i/17890/21/resize/d17890-21-2a5a0b144aef846245bf-0.png ]



『蹴日本紀行 47都道府県 フットボールのある風景』

この国にはすでに、すばらしいフットボール文化が根付いている——。
北海道から沖縄まで全国を行脚して紡いだ【永久保存版】至極のサッカーフォトエッセイ

1993年に10クラブでスタートしたJリーグは、その後着実に増え続け、2021年には57クラブ(40都道府県)にまで増加した。

「日本にはサッカー文化がない」と言われたのももはや昔、全国を巡るなかで、この国には世界に誇るべき豊かなフットボールの文化が根付いていることに改めて気づかされる。

そして、Jクラブがない県にもその土地に根差したフットボールの風景が存在することも―—。
北は北海道から南は沖縄まで、Jクラブのある地域からない地域まで、津々浦々のフットボールを色濃く、鮮やかに編んでいく。

書籍購入はこちらから: https://www.amazon.co.jp/dp/4767829038/
著者のnote「フットボールの白地図」: https://note.com/tete_room/m/m294e6137991c


著者・宇都宮徹壱さん

1966年生まれ。東京都出身。東京藝術大学大学院美術研究科修了。97年にベオグラードで「写真家宣言」。以後、写真家・ノンフィクションライターとして国内外の文化としてのフットボールをルポルタージュしてきた。著書に『ディナモ・フットボール』(みすず書房)、『股旅フットボール』(東邦出版)、『フットボール風土記』(カンゼン)など。『フットボールの犬』で第20回ミズノスポーツライター賞最優秀賞受賞。今回の著書で47都道府県の取材を完遂した。
note: https://note.com/tete_room Twitter: https://twitter.com/tete_room


著者・宇都宮徹壱さんのコメント

「47」という数字から、貴方は何を思い浮かべるでしょうか? 時代劇ファンなら、赤穂浪士の四十七士。川崎フロンターレのファンなら、五輪代表にも選ばれた旗手怜央の背番号をイメージするかもしれません。しかし多くの方は、47都道府県をまず連想することでしょう。この本は「47都道府県」にとことんこだわって、それぞれの「フットボールのある風景」を集めた写真集です。

旅とフットボールというテーマでいえば、全国のJリーグに所属するクラブを訪ね歩く企画は、これまでにもありました。本書はJクラブではなく、あえて47都道府県を踏破することに主眼を置いています。なぜ47都道府県にこだわったのか。理由は2つあります。

まず、Jクラブは年々増加を続けているるため(今季は57クラブ)「47」のようなシンボリックな数字になりにくいこと。そして、クラブがない県にも光を当てたかったこと。2021年現在、Jクラブがない県は7つあります。そうした県に「フットボールのある風景」が存在しないのかといえば、もちろんそんなことはないわけです。
本書では、複数のJクラブがある県も、まったくJクラブがない県も、等しく取り上げています。そしてJクラブがない県にも、さらに言えば貴方が暮らす街にも、秘宝のような「フットボールのある風景」が、静かに佇んでいるかもしれません。いずれまた、自由気ままに旅とフットボールが楽しめる日々が戻ってくることでしょう。その時に、この本が少しでもお役に立てれば幸いです。

なおECサイト徹壱堂は、著者のサイン入りで予約販売を受け付けております(発送は8月5日以降となります)。
https://tetsuichidou.stores.jp


書誌情報


[画像2: https://prtimes.jp/i/17890/21/resize/d17890-21-35c72559c2a824626b53-1.jpg ]


書名:蹴日本紀行 47都道府県 フットボールのある風景
著者:宇都宮徹壱
発行:エクスナレッジ
定価:1,980円
ISBN-10:4767829038
ISBN-13:978-4767829036
版型:A5変判
頁数:‎256頁



note


https://note.com/
noteはクリエイターが文章や画像、音声、動画を投稿して、ユーザーがそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性を大切にしています。個人も法人も混ざり合って、好きなものを見つけたり、おもしろい人に出会えたりするチャンスが広がっています。2014年4月にサービス開始し、約1500万件の作品が誕生。会員数は380万人(2021年3月時点)に達しています。
iOSアプリ: https://itunes.apple.com/jp/app/note-noto/id906581110
Androidアプリ: https://play.google.com/store/apps/details?id=mu.note



note株式会社


わたしたちは “だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。メディアプラットフォーム・noteは、クリエイターのあらゆる創作活動を支援しています。クリエイターが思い思いのコンテンツを発表したり、サークルでファンや仲間と交流したり、ストアでお店やブランドオーナーが商品を販売をしたり、note proを活用して企業や団体が情報発信をしたりしています。コンテンツ配信サイト・cakesも運営しています。
所在地:〒107-0061 東京都港区北青山3-1-2 青山セント・シオンビル 4階
設立日:2011年12月8日 代表取締役CEO:加藤貞顕 コーポレートサイト: https://note.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング