「新スポーツ「バブルフットボール」解禁!関西アメフト学連と共に開発したアメフト×バブルボールを掛けた新感覚競技が9月9日(土)よりスタート!」

PR TIMES / 2017年9月8日 9時19分



[画像1: https://prtimes.jp/i/22179/21/resize/d22179-21-764548-3.jpg ]


株式会社おさるの森は、関西学生アメリカンフットボール連盟(リンク: http://www.kansai-football.jp/wp/)と提携し「バブルフットボール」という新スポーツを開発しました。

本競技は「バブルサッカー」でおなじみのバブルボールを使用したアメリカンフットボールで、コンタクトスポーツの醍醐味である「人との接触」をよりダイナミックに行える競技です。

人がバブルボール内に入ってアメフトを行うので、安全かつ思い切り相手にぶつかることができ、一競技としての繁栄はもちろん、ベースとなるアメフトのタックル練習としても取り入れたくなる競技です。

既に兵庫県立大学アメフト部では、本競技の練習を取り入れており関西を拠点に勢力的に拡大していくスポーツを目指しています。
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=M_4tKPaDsV8 ]



「新スポーツ“バブルフットボール”!」
関西学生アメリカンフットボール連盟と提携し開発された「バブルフットボール」は、バブルボールと、アメリカンフットボール(以下:アメフト)をかけ合わせた、これまでにない新感覚スポーツです。


「タックルは痛いし怖い・・から始まった」

[画像2: https://prtimes.jp/i/22179/21/resize/d22179-21-877077-1.jpg ]


コンタクトスポーツの代表作とも言えるアメフトですが、走りの速さと同時に、より強いタックルを行えるかが勝敗を決める競技とも言えます。

そこで「バブルフットボール」では、空気の入った反発性のあるバブルボールの中に人を入れ、思い切りタックルしても安全かつ、痛みを伴わなわないタックル練習が行えるスポーツとして発足。
思い切りタックルをしてもバブルボールと共に転がるだけで、男女混合にしても楽しんでもらえる競技となりました。


「今後の予定」~体験会のお知らせ~
まずはどんなスポーツか体験するところから始めましょう!
[画像3: https://prtimes.jp/i/22179/21/resize/d22179-21-684249-0.jpg ]


今回は関西学生アメリカンフットボールの大会と同時進行で行いますので、現役の大学生アメリカンフットボール試合を観戦しながら新スポーツも体験できてしまうイベントです!

注意※本体験会の参加は、「女性」及び「中学生以下のお子様」に限定させて頂きます。

1.日程…2017年9月9日(土)
時間…14:00~当日アメフト最終試合のハーフタイム終了まで(最終試合開始17:00~)
(関西学院大学 VS 桃山学院大学)
(龍谷大学 VS 京都大学)

2.日程…2017年9月24日(日)
時間…13:30~当日アメフト最終試合のハーフタイム終了まで(最終試合開始13:30~)
(甲南大学 VS 立命館大学)

3.日程…2017年10月8日(日)
時間…11:30~当日アメフト最終試合のハーフタイム終了まで(最終試合開始15:30~)
(関西学院大学 VS 甲南大学)
(関西大学 VS 桃山学院大学)

4.日程…2017年10月22日(日)
時間…12:00~当日アメフト最終試合のハーフタイム終了まで(最終試合開始15:00~)
(甲南大学 VS 桃山学院大学)
(関西学院大学 VS 龍谷大学)

★場所…兵庫県 神戸市立 王子スタジアム
★マップ… http://bit.ly/2j6upQ5

(住所)
〒657-0838 兵庫県神戸市灘区王子町2丁目1

(アクセス)
・阪急神戸線「王子公園駅」西口すぐ(三宮駅から約5分、大阪梅田駅から約30分)
・JR神戸線「灘駅」徒歩10分(三ノ宮駅から約3分、大阪駅から約25分)

[画像4: https://prtimes.jp/i/22179/21/resize/d22179-21-102912-2.jpg ]



これから期待が高まる新スポーツ「バブルフットボール」
いち早く新しいスポーツに挑戦したい方は是非、会場まで起こし下さい!
思い切り身体を動かしてスポーツの秋を満喫しましょう!


【本競技に関するお問い合わせはこちらから!】
・株式会社おさるの森
・担当者:桑原 寛
・TEL:06-6809-3839                                                          

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング