1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ANAホールディングスが出資する株式会社ACD、中国大手ECプラットフォームの「京東(JD.com)」に「全日空海外旗艦店」をオープン

PR TIMES / 2021年9月2日 15時15分

京東とWeChatの連携により、日本企業初となるテンセント経済圏を活かした販促から販売までの支援を提供



ANAホールディングスが出資する中国市場開拓支援サービスを提供する株式会社ACD(東京都江東区、代表取締役:古居弘道)は、同社が運営する中国向けオンラインショップ「全日空海外旗艦店」を中国EC市場第2位の京東(JD.com、以下京東)に2021年9月2日より出店開始いたしました。

京東はWeChatを運営するテンセント社から出資を受けており、京東とWeChatの機能は双方に連携する事が可能です。これによりに毎日10億人以上が使用しているWeChatで情報を取得し、気になる商品があればワンタップで京東の商品購買ページに遷移し、そのまま決済する事が可能になっております。
特に、ACDでは、WeChat内に2020年に実装された短尺動画・LIVE配信機能「WeChat視頻号(チャンネル)(以下視頻号)」において自社アカウントを運営しており、現時点で短尺動画においては延べ再生数800万回以上、また、日本からのLIVE配信1回につき平均4万人視聴を超える規模に成長しています。

今回の出店により、短尺動画やLIVE配信で商品の興味喚起を行い、京東で購買に繋げる形で、認知~購買までをシームレスに提供できるようになり、日本企業初となる、テンセント経済圏を活かした販促から販売までの一気通貫した支援を提供します。

JD.com(京東)HP: https://mall.jd.hk/index-11398902.html
[画像1: https://prtimes.jp/i/30513/21/resize/d30513-21-e946b0bf24d2cfd04268-4.png ]


■「京東」出店の背景
2020 年、新型コロナウイルスの感染拡大により、中国人の消費行動は大きく変化しました。海外との往来が制限され、国内でもリアルでの消費がECでの消費にシフトしつつあり、中国の2020 年のEC 小売額は前年比10.6%増の11 兆7,601 億元(約188 兆1,616 億円、1 元=約16 円)に達し、小売総額に占めるEC 小売額のシェアも30%まで拡大しました。中国ECで天猫(Tmall)に次ぐEC市場シェアの第2位に位置する「京東」は2021年3月末時点で、過去12カ月間のアクティブユーザー数は前年同期比29%増加して5億人に迫り、過去最大の増加幅を記録しました。
日本国内でも新型コロナウイルスの影響などにより、国内での販売が伸び悩み、海外市場向けに商品を展開しようとする企業も増加しています。
そういった背景を受け、ACDが運営する日本の特産品や逸品を販売する中国向けオンラインショップ「全日空海外旗艦店」は、これまでアリババ系ECプラットフォーム「天猫国際」に出店してきましたが、更なる販路の拡大を図るべくこの度、「京東(JD)」へ出店、取り扱い製品の販売を開始します。

「WeChat視頻号(チャンネル)」の公式メディア「日本旅游指南」とは
HP:(PC版)  https://www.a-cd.co.jp/service/wechatchannels.html
HP:(スマホ版)  https://www.a-cd.co.jp/sp/service/wechatchannels.html

「日本旅游指南」は、日本で一番最初に「WeChat視頻号(チャンネル)」の越境LIVEライセンスを取得している公式メディアで日本の製品・観光情報を発信しています。
「視頻号」は、テンセントが昨年2月に公開した、中国人を中心に約12億人が利用するSNS「WeChat」内の短尺動画&LIVE配信機能です。機能追加から半年の現時点で利用者数は約3億人となっており、現在では約6億人になっております。
2020年4月より開始した「日本旅游指南」では、在日中国人によるLIVEを365日毎日配信しており、1日平均視聴者数4万人で月間150万視聴、開始して約1年でショート動画累計視聴数800万再生を突破しており、日本から中国への発信メディアとして最大となります。WeChat視聴号のCMでも取り上げられるなど、テンセントからも注目されており、テンセント公式アカウントでも日本からのLIVE動画がアーカイブ配信されています。
中国人視点での独自のオリジナル動画制作・配信に加え、中国向けプロモーションとしてライブ配信機能を使った、地域・企業・お店の商品・サービスの裏側にあるストーリーをご紹介しています。
この度「視頻号」が「京東」との連携を行ったことから、メディアである「日本旅游指南」から「全日空海外旗艦店」を通したライブコマースが可能となり、日本企業初となるテンセント経済圏を活かした販促から販売までの一気通貫した支援を提供開始いたします。

▼「日本旅游指南」でのライブコマースの遷移イメージ
[画像2: https://prtimes.jp/i/30513/21/resize/d30513-21-28e1cb53833001a96efc-6.png ]

中国向けオンラインショップ「全日空海外旗艦店」について
日本の特産品や逸品を全日空の冠のもと中国市場へ安心・確実なスキームでお届けする中国向けオンラインショップです。越境EC実績を認められ2020年にアリババ社よりオファーを受け中国市場最大のECプラットフォーム「Tmall Global(天猫国際)」に出店、この度天猫国際に次ぎ、市場シェア第2位に位置する「京東(JD.com)」への出店を開始しました。


[画像3: https://prtimes.jp/i/30513/21/resize/d30513-21-eae8b993294a8f215c7d-7.png ]

➢ サービス詳細についてはこちらをご覧ください  https://www.a-cd.co.jp/service/

■会社概要
「商売に国境をなくす」というミッションの下、ACDは全日空の冠のもと日本製品を販売する中国向け越境EC事業、12億人のユーザーを抱えるWeChatでのミニプログラム構築事業、中国で急成長をみせるライブコマースを行うアプリライブ配信事業を展開しており、中国市場開拓を全方位的に支援しています。老舗日本酒メーカーや、コスメブランド、観光情報の発信や名産品の販売を行いたい地方自治体など、多種多様な組織のビジネス展開をサポートしています。

社名:株式会社 ACD (ACD Inc.)
代表:古居 弘道
所在地:東京都江東区辰巳3-9-27 東京スカイゲート7階
設立日:2016年3月1日
URL: https://www.a-cd.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング