TeamViewer、法人ユーザーから最高レベルの評価を獲得 ITreview Best Software in Japan 2020でトップ5、リモートアクセス部門5期連続で「Leader」を受賞

PR TIMES / 2020年4月23日 13時35分

リモート接続ソリューションのグローバルリーダーであるTeamViewer ジャパン株式会社(以下、チームビューワー)は、年間を通じて法人ユーザーによる評価が高かったSaaS・ソフトウェア50製品を表彰する「ITreview Best Software in Japan 2020」において『TeamViewer』が第5位に、また、4半期に一度、部門ごとに優れた製品を表彰する「ITreview Grid Award 2020 Spring」においてリモートアクセス部門は5期連続でトップ評価となる「Leader」を受賞、また、今期はビジネスチャット部門においても「Leader」を受賞したことをお知らせいたします。



「ITreview Best Software in Japan 2020」では、約270のカテゴリー、2,700製品において法人ユーザーレビュー約3万件から満足度や認知度を掛け合わせて支持された50製品が表彰されます。

「ITreview Grid Award 2020 Spring」では、これまでも高い評価を受けていたリモートアクセス部門で「Leader」を受賞し、『TeamViewer』が働き方の変革を支援するリモート接続ソリューションとして法人ユーザーからの信頼を得ていることが示されました。また、今期はビジネスチャット部門でも多くのレビューを獲得し、リアルタイムのチームコラボレーションを促進するITツールとして支持されています。
[画像: https://prtimes.jp/i/34559/21/resize/d34559-21-802577-0.jpg ]


チームビューワーのカントリー・マネージャーである西尾則子は次のように述べています。「法人ユーザーの皆さまから当社製品サービスについてご支持と評価をいただいたことは大変光栄なことです。テレワークの導入が進む昨今、企業の皆さまのコミュニケーションを円滑に進め、効率と生産性を高めるITツールとしての品質と利便性で高く評価いただけたと考えております。ITサポート、テレワーク、生産現場の作業など業界や事業規模を問わず、簡単にかつ安全に人と人、人とモノそしてモノとモノをつなぐリモート接続ソリューションとして、今後も皆さまにより信頼いただける製品サービスを提供できるよう努めてまいります」。


ITreview Best Software in Japan 2020について
アイティクラウド株式会社が運営する法人向けソフトウェア・クラウドサービスを対象とした評価。日本のビジネスの最前線で注目を浴びているSaaS・ソフトウェアの中でも、特に満足度・認知度がともに優れたTop50製品を年に一度選出する。2018年10月~2020年3月に集まった約1年半のレビューデータから、ユーザー満足度と認知度をかけ合わせた総合得点「ITreview Score」が高いTop50製品を算出している。 https://www.itreview.jp/best-software/2020

ITreview Grid Awardについて
法人ユーザーレビュー約3万件から、満足度や認知度を掛け合わせて製品を評価。満足度はITreviewに集まったレビューの満足度平均値を、認知度はITreview の独自のアルゴリズムで算出した数値を用いている。詳しい満足度、認知度の定義についてはウェブサイトで公開。2020 Springは2018年10月~2020年3月までに掲載されたレビューが対象。 https://www.itreview.jp/award/2020_spring.html

TeamViewer (チームビューワー)について
2005年ドイツで創業以来、リモートサポートとオンライン・コラボレーションを世界規模で実現するクラウドテクノロジーを開発し、個人から法人まで幅広いユーザーにそのクオリティの高さと使いやすさが支持されている。 現在、 累計20億のダウンロードと全世界で1日あたり4500万の接続を支え、有料の企業ユーザーは60万に上り、フォーチュン500の9割の企業が採用。 2018年には、日本法人チームビューワージャパン株式会社を設立し、 日本のエンタープライズ市場拡大に向け取り組んでいる。 https://www.teamviewer.com/ja/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング