1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

縦型動画コンサルティングスタジオ「タテイチ」が、TikTok「訴求タイミング視聴率レポーティング」ご提供を開始

PR TIMES / 2023年11月1日 15時15分

より本質的な投資検証、最適な秒数・コンテンツ・配信設計のご提案を可能に

株式会社FUSION(本社:東京都渋谷区、代表取締役:前田遼介、以下 FUSION)は、縦型動画広告のクリエイティブ制作、インフルエンサーディレクション、広告運用に特化した縦型動画コンサルティングスタジオ「タテイチ」を2023年4月12日に発足いたしました。この度、11月1日よりTikTok「訴求タイミング視聴率」レポーティングの提供開始したことをお知らせいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/57326/21/resize/d57326-21-cb4dc93e5c2a35af2619-10.png ]

「訴求タイミング視聴率」について


TikTok広告では通常、DiversionAdsの場合最長60秒、SparkAdsの場合最長10分の動画の入稿・配信が可能ですが、ユーザーがスキップ可能な媒体なため、商品やキャンペーン訴求時点の視聴率を認識せずプラニングした場合、思うような成果に繋がらない場合があります。

タテイチでは、広告配信をしたクリエイティブの「訴求タイミング視聴率」を算出し、広告主にレポート提出することで、より本質的なTikTok投資検証を実現するとともに、蓄積したナレッジをもとに、目的に応じた最適な秒数、コンテンツ、配信設計のご提案を可能にします。
[画像2: https://prtimes.jp/i/57326/21/resize/d57326-21-dc6613765d036c4d3fcd-9.png ]

縦型動画コンサルティングスタジオ「タテイチ」について


[画像3: https://prtimes.jp/i/57326/21/resize/d57326-21-0feedde2ce495f84af58-1.png ]

動画元年と呼ばれ数年が経ち、いまや数十秒から長くても数分の短い尺の縦型動画が一般的になってきました。TikTok、YouTube ショート、Instagramのリール。この縦型動画の広告市場は、今後も伸長していくことでしょう。 

FUSIONは、設立から3年のあいだ、先んじてこの縦型動画に向き合い続け、着実にさまざまな知見や結果を積み重ねてきましたが、この間、以前では考えられないほど縦型動画の数がショートムービーが流行するとともに増え、同時に生活者もより多くの縦型動画と接触することが当たり前となりました。

この変容は、より多くの縦型動画がリーチできるようになった一方で、忘却率も増えたことを表していると我々は考えており、この状況において縦型動画広告を成功させるために、縦型動画コンサルティングスタジオ「タテイチ」にあたり、以下3つの要素が必要だと定義づけいたしました。
[画像4: https://prtimes.jp/i/57326/21/resize/d57326-21-ce9fa84386e0dd9b0a2d-2.png ]

これら3つの要素ーキャスティング力・ディレクション力、クリエイティブ企画・制作力、広告配信設計・運用力において、縦型動画コンサルティングスタジオ「タテイチ」では、これらすべてに特化していると自負しています。この理由としては、社内にクリエイティブディレクター、ストラテジックプランナー、プロデューサー、メディアコンサルタントなど様々なプロフェッショナルが揃っており、一気通貫した動画広告の制作が可能となっているためです。

これらの3つの要素を兼ね備えた縦型動画コンサルティングスタジオ「タテイチ」では、縦型WEBCM、縦型ライト撮影・編集、また、 1,500名を突破した提携TikTokerの最適なキャスティング及びディレクションによって、パートナー企業の幅広いクリエイティブ制作をサポートして参ります。
[画像5: https://prtimes.jp/i/57326/21/resize/d57326-21-29ef11143074d3a75580-3.png ]

縦型動画コンサルティングスタジオ主要「タテイチ」メンバーについて


[画像6: https://prtimes.jp/i/57326/21/resize/d57326-21-24c0ac12ff3b593f37d0-4.jpg ]

タテイチ クリエイティブ責任者 : 前田遼介
2017年株式会社サイバーエージェント入社。若年層マーケティング子会社CA Young Lab設立に参画。2019年株式会社チョコレイト入社。飲料や通信キャリアのプロモーションを担当。2020年デジタル×クリエイティブを軸に、新しい答えをつくる。をミッションに、株式会社FUSIONを創業。代表取締役に就任。クリエイティブディレクターとして、数多くのクライアントのビジネスに伴走。


[画像7: https://prtimes.jp/i/57326/21/resize/d57326-21-eb7a4facc6296e3130b4-5.jpg ]


タテイチ 営業責任者 : 廣瀬聡
2017年株式会社サイバーエージェント入社。インターネット広告事業本部に配属後、アカウントプランナーとして大手IT企業の複数サービスをメインに担当。売上最大化・ユーザー数増加のためのプロモーション企画に従事。2020年株式会社FUSIONを創業。取締役に就任。ビジネスプロデューサーとして、クライアントの課題解決を行う。


[画像8: https://prtimes.jp/i/57326/21/resize/d57326-21-7ec854157f215baa015a-6.jpg ]


タテイチ 広告運用責任者 : 山本南
2018年 株式会社Speee入社。SEO事業部にて営業として経験を積んだ後、広告運用コンサルタントとしてファッション業界・家電通販業界・化粧品業界など幅広い業界を担当。2021年 株式会社FUSIONに入社。広告運用組織の立ち上げを行い、マネージャーとしてお客様の広告効果の最大化に向けた取り組みを推進。


[画像9: https://prtimes.jp/i/57326/21/resize/d57326-21-f32c9fcad9d43dc78229-7.jpg ]


タテイチ 制作責任者 : 井上光
2017年 映像制作会社 株式会社ハクシを設立。COO/プロデューサーとしてTV,WEBCMをはじめ様々な映像コンテンツをの製作に従事。2021年 株式会社FUSIONに入社。コンテンツプロデューサーとして、クリエイティブを軸にクライアントの課題解決に取り組む。



株式会社FUSIONについて


[画像10: https://prtimes.jp/i/57326/21/resize/d57326-21-bfe15cb68d58a896b052-8.jpg ]

FUSIONは、「デジタル」と「クリエイティブ」を掛け合わせ、ヴィジョンを見立てる力で「新しい問いを立て、新しい答えをつくる。」会社です。既存の広告会社の枠にとらわれず、今までできるはずのなかった「理想を欲張り実現する」ことで様々な事業の支援/立ち上げを行います。

■設立日:2020年3月9日
■代表者:代表取締役 前田遼介
■本社所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目1-12 VORT AOYAMA II 10階
■ URL:https://www.fusion-inc.co.jp/

本件に関するお問い合わせ


本件に関するお問い合わせ、その他プロモーションに関するご相談は下記アドレスにご連絡ください。
info@fusion-inc.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください