1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「請求書仕訳支援クラウド」をリリース

PR TIMES / 2021年9月8日 18時45分

請求書処理業務を自動化!テレワークにも対応したDX化ソリューション

 鈴与株式会社(本社:静岡市、代表取締役社長:鈴木健一郎)は、経理担当者の請求書支払処理業務の効率化を実現する「仕訳支援クラウド」をリリースいたしました。
 これは、AIを活用して画像から文字を認識しデータ化する「AI-OCR」と、勘定科目等の会計仕訳処理に必要な情報が自動判定できる当社が独自開発した「仕訳システム」を組み合わせたDXソリューションです。これにより請求書支払処理プロセスにおいて従来は担当者が目視で判断していた業務の標準化・自動化が可能になり、お客様の業務をDX化することが可能になります。



[画像1: https://prtimes.jp/i/75524/21/resize/d75524-21-867e16ff4cb8d180e76a-0.png ]

                       サービス概念図
[画像2: https://prtimes.jp/i/75524/21/resize/d75524-21-0b9cc67e5407a6a1f7f1-1.png ]

                        利用イメージ


作業工数が多く、属人化しやすい請求支払処理業務を、AI-OCRと仕訳システムで解決

 「仕訳支援クラウド」は、請求書支払処理業務を効率化したいという顧客のニーズを捉え、グループ会社であるアライズイノベーション株式会社の技術である、AIを活用して画像から文字を認識しデータ化できる「AI-OCR」と、当社が独自開発した「仕訳システム」を組み合わせたサービスです。

 一般的に請求書支払処理業務においては、受領した請求書から、自社の会計システムに登録してある取引先コードや勘定科目コードなどを判断する作業を伴うため、どの企業においても入力・確認作業に時間がかかります。また、取引先ごとに異なる処理が必要になる場合も多く、業務の属人化につながりやすいため、担当変更時の作業品質維持が困難であるという課題もあります。これに対して、多くの企業がOCRやRPAを活用した効率化に取り組んできましたが、従来のサービスでは請求書明細単位でのデータ取得が困難であり、依然として担当者が目視で判断する業務が残ることによりプロセス全体を自動化できず、効率化や属人化の排除という課題を解消できずにいました。


高精度の自動抽出により、担当者の入力作業を撲滅して、業務プロセスを自動化

 このサービスでは、PDF化された請求書をシステムに読み込ませるだけで、AI-OCRと「仕訳システム」によって必要となる情報を自動抽出して、取引先コード・勘定科目・税区分・摘要といった支払処理に必要なデータに自動的に変換を行います。そのため、経理担当者の入力作業が無くなり、内容確認のみを実施することになるため、処理作業が効率化されるだけでなく、担当者による業務品質の違いも解消されます。さらに、請求の重複、発注した内容との相違、請求金額の大幅な変動などをチェックする機能により、目視で判断していた業務が自動的に行われるため、業務の省力化につながります。

 例えばレンタカー・カーシェアリング業界は、取り引き先毎に形式の異なる請求明細書が、車両毎に発行されるため、請求書の枚数が多く、細かな確認をしながらの入力作業が必要です。このような業界では、AI-OCRが支払処理に必要な情報の自動抽出を高精度で行えるため、高い効果が見込まれます。また経理のシェアードサービス事業者は、毎月発生する膨大なチェック作業に対応するため、その時期だけ多くの人員を配置している場合があります。このケースでは、仕訳システムのチェック機能が目視で判断する業務を解消するため、省力化とプロセス全体の自動化を推進します。


請求書受領代行サービスを追加利用すれば在宅勤務の推進にも

 また、「せっかくテレワークを行っているのに、月初になると請求書を受け取るために出社しなくてはならない」というご要望にお応えして、オプションサービスとして、取引先からの請求書の受領を当社が代行するサービスも提供しています。これにより、すべての請求書支払処理業務をご自宅から行える体制が構築できます。

 すでに導入いただいた企業からは「1件の請求書で複数明細の会計仕訳を行う場合に業務削減効果が高い」「業務が集中する月初の残業を減らすことができた」「専任の担当者による属人化が解消され人事異動の柔軟性が確保できた」「新人担当者の即戦力化が可能になった」「テレワーク中に月初だけ出社する必要がなくなった」といった声を頂戴しております。

 今後も当社は ユーザーの業界ごとの特有の課題を解決できる機能・サービスをご提案していくことで、お客様の更なる業務効率化や在宅勤務の支援に貢献してまいります。

                                                 以上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング