競走馬育成ソーシャルゲーム『うまいるスタジアム』、スマートフォン版をリリース!! ディープインパクトなど実在馬3500頭が登場する競走馬カードなど新機能も追加

PR TIMES / 2012年3月22日 15時40分



スポーツ・趣味に関わるインターネットメディアを展開する株式会社ネットドリーマーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:国本恵嗣、以下ネットドリーマーズ http://www.netdreamers.co.jp/ )は3月21日より、競走馬育成とソーシャル要素を融合したモバイル・ソーシャルゲーム『うまいるスタジアム』のスマートフォン版を提供開始いたしました。携帯ゲームとしてはもちろんのこと、今後はスマートフォンゲームとしても、なおいっそう多くのユーザーに『うまいるスタジアム』をお楽しみいただけます。


【『うまいるスタジアム』スマートフォン版と新機能のポイント】

■スマートフォン版について
携帯サイトとして提供している『うまいるスタジアム』が、タッチパネル、スクロールなどのスマートフォン機能で牧場や愛馬のレースシーン等あらゆる画面も綺麗に、より見やすく、使いやすくお楽しみいただけるようになりました。

■新機能について
このたびのスマートフォン対応に併せて、携帯サイトともども下記の新機能を追加しました。
・種牡馬・繁殖牝馬を、実写真を活用してカード化しました。ガチャガチャでも獲得可能とし、ゲームの楽しさをより盛り上げます。
・新たに海外レースを導入。ゲーム内のあらゆる強豪ユーザーから参加を募って『うまいるスタジアム』における頂上決戦とし、お楽しみいただきます。
・「馬主レベル」の導入により、ユーザーは同じレベルの他ユーザーとの対戦・交流を楽しめます。 
・「調教施設のレベルアップ機能」の追加により、愛馬を育てる調教も今まで以上に熱が入ります。
・景品を毎日プレゼントする空クジなしの「ログインくじ」を導入。サイトを訪れる楽しみをアップしました。

■ソーシャル要素の強化について
『うまいるスタジアム』では、SNSのマイページをベースに、「ひとこと日記」(気軽な書き込み)や「メッセージ」への投稿、簡単な意思表示である「いいね!」「ファイト!」を通じて、ユーザー同士が交流を楽しめます。さらにこのたび、特定のお気に入りユーザーのアクションをウォッチできる「フォロー」機能や、お気に入りユーザーとより親密な関係を築ける「友だち」機能、競馬好きの知人・友人を同ゲームに誘う「友だち招待」機能を導入。これらによって、たとえばゲーム内のレースで愛馬の活躍を「ひとこと日記」等に投稿すれば、その投稿内容に対して「友だち」から賞賛や祝いのメッセージが寄せられるなど、“『うまいるスタジアム』ファン同士がつながる”コミュニケーションを促進します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング