累計120万枚の大ヒットコンピ“クライマックス”シリーズから、 昭和フォーク&歌謡曲の名曲を集めたコンピ2タイトルが大ヒット中!!

PR TIMES / 2015年1月5日 10時42分

音楽業界ではここ数年カバー・ブームが続いている。なかでも今年の夏のドラマ主題歌として相次いで使われた「若者たち」や「他人の関係」は、60年代、70年代の原曲をカバーしたものだ。これは当時のヒット曲が持つ普遍的なメロディーが、今の時代のドラマをも彩るほどの輝きを持ち続けていることの証明だと言えるだろう。

そんな中、2007年の発売以来累計120万枚の売り上げを誇るコンピレーション“クライマックス”シリーズ最新作として、2作のコンピレーションアルバムが12月24日に発売された。いずれも60年代後半から70年代に大ヒットしたナンバーの中から、今でも多くの人々に歌い継がれている名曲中の名曲をセレクト、それぞれ全40曲を収録したCD2枚組でのリリースだ。



シリーズ第23弾となる『クライマックス~BESTフォーク~』には、今夏に森山直太朗がカバーした森田健作の「若者たち」をはじめ、よしだたくろう「結婚しようよ」、イルカ「なごり雪」、ガロ「学生街の喫茶店」など、人気の青春フォークを収録。一方、シリーズ第24弾となる『クライマックス~BEST歌謡曲~』には、同じくドラマ主題歌として一青窈がカバーした金井克子「他人の関係」をはじめ、太田裕美「木綿のハンカチーフ」、いしだあゆみ「ブルー・ライト・ヨコハマ」、ジュディ・オング「魅せられて~エーゲ海のテーマ~」など、こちらもお馴染みの歌謡ポップスばかりを収録している。収録楽曲などの詳細はソニーミュージックダイレクトのスペシャルサイト( http://www.110107.com/climax_kayo_folk )で知ることが出来る。

時代を反映する多様な昭和ヒットの数々を聴くと、当時の自身の想い出が鮮やかに甦ることだろう。それらの曲にじっくり耳を傾けて郷愁に浸るもよし、昔の仲間と集まって一緒に歌ってみるもよし。年始の余暇を使って、この「クライマックス」で昭和へのタイムトラベルをしてみてはいかがだろうか?


クライマックス・スペシャル・サイト

http://www.110107.com/climax_kayo_folk


『クライマックス~BESTフォーク~』

『クライマックス~BEST歌謡曲~』

2014年12月24日同時発売

各CD2枚組40曲収録 各¥3,000+税


『クライマックス~BESTフォーク~』

DISC.1

1.若者たち / 森田健作

2.なごり雪 / イルカ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング