「三井アウトレットパーク 滋賀竜王」第2期開発計画決定

PR TIMES / 2012年7月31日 14時16分



三井不動産株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 菰田正信)は、「三井アウトレットパーク 滋賀竜王」(滋賀県蒲生郡竜王町)の第2期開発計画に着手することを決定しましたのでお知らせいたします。今般の増床により、店舗数は165店舗から約230店舗へと拡大し、店舗数において近畿圏最大級のアウトレットモールへと進化します。開業は2013年夏を予定しています。

2010年7月に開業した当施設は、「環境共生型アウトレットモール」を施設コンセプトとしています。第1期部分においては、太陽光発電パネルやLED照明等環境関連設備を積極的に導入するとともに、竜王町の豊かな自然から生い茂る葉をイメージした「LEAVES」をモールのデザインモチーフとし、水と緑に囲まれた自然豊かな空間の中でお客さまにショッピングを楽しんでいただけるような演出を行っています。第2期開発部分においても、「FLOWERS」というデザインコンセプトのもと、第1期部分と同様、各種環境関連設備の導入を進めてまいります。

店舗構成としては、国内外の有力ブランド、セレクトショップ、生活雑貨等をより一層充実させ、お客さまの多様なニーズにさらに幅広くお応えいたします。

当施設は、近畿圏の大動脈である「名神高速道路」の「竜王インターチェンジ」に近接しており、開業以降、滋賀・京都エリアはもとより、大阪・奈良を含む近畿圏全域や北陸エリア等の広域から幅広い層のお客さまに多数ご来場いただいています。昨年度(2011年度)の売上は約274億円と、当初の年間想定売上230~260億円を上回って好調に推移しており、今般の増床によりお客さまにさらにご支持いただける施設を目指してまいります。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング