『認知症フォーラム.com』 被災地からのリポート ~東日本大震災 認知症の人は今~ VOL.9 仮設住宅で安心して暮らしていくための取り組み 宮城県仙台市

PR TIMES / 2013年7月19日 15時41分

ミッションステートメント株式会社(東京都品川区、代表取締役朝田篤)が制作・運営する『認知症フォーラム.com』(http://www.ninchisho-forum.com/ 協賛:株式会社ツムラ)は、認知症の基礎知識から医療の最新情報まで、動画でわかりやすく認知症を知ることができるサイトです。



東日本大震災から時を経て、仙台市にあるグループホーム型福祉仮設住宅「なつぎ埜」の入居者は落ち着きを取り戻しつつあります。入居者たちの支えになっているのが、すぐ近くのアスト長町仮設住宅に暮らす人々です。野菜作りなどの農作業を通じて交流を深めることで、認知症を理解し、地域の人々が互いに安心して暮らせる街づくりを目指しています。

『認知症フォーラム.com』では、これからも被災地の取材を継続していきます。認知症に関わるすべての人々の穏やかな暮らしや笑顔に出会うために、一人ひとりの生活の再建、そして地域の復興への様々な活動を見つめていきます。

【特集】動画「被災地からのレポート ~東日本大震災 認知症の人は今~VOL.9」
http://www.ninchisho-forum.com/movie/00000387/

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【認知症フォーラム.com 概要】

超高齢社会を迎えた今、認知症の人は現在205万人とも言われ、2035年には445万人との予測も出されています。かつては絶望の病といわれた認知症ですが、近年、医療や介護の分野でめざましい進歩があり、従来の概念は大きく変わってきています。
当サイトでは、NHK厚生文化事業団、読売新聞社主催により全国で開催している「認知症フォーラム」の模様を紹介しており、さらに、【介護】【医療】【くらし】の視点で独自に取材した高画質な動画を定期的に更新しています。

■取材動画
 【介護】【医療】【くらし】3つの視点で取材したドキュメンタリーやインタビューを動画でご覧いただけます。
■基礎知識
 【介護】【医療】【くらし】3つの視点で、認知症に関する基礎知識をQ&Aでわかりやすく解説しています。
■体験談 ~本人の声、家族の声~
 認知症の人と家族の会の会報誌「ぽ~れぽ~れ」の中から、会員の方々のお便りをご覧いただけます。
■お役立ち情報
 「認知症BOOK紹介」「相談窓口案内」「認知症コラム」「全国各地のイベント情報や話題」をご覧いただけます。
■その他
 動画検索機能や「認知症チェックシート」など、便利なツールをご活用いただけます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング