プラハのコンソーシアムが SciFinder の複数年契約を締結

PR TIMES / 2014年4月22日 14時55分

CAS と Prague Consortium との提携により、プラハの大学およびチェコ科学アカデミー (ASCR) 傘下の研究所が最新の科学情報を利用可能に

化学情報協会は、米 Chemical Abstracts Service (CAS) が発表したプレスリリースを受けて、国内向けに次のとおり、お知らせいたします。米 CAS の発表情報は下記をご覧ください。
http://www.cas.org/news/media-releases/scifinder-access-prague-consortium



(オハイオ州コロンバス発、2014 年 4 月 17 日)-化学情報の世界的権威である Chemical Abstracts Service (CAS) は本日、プラハ市内の大学およびチェコ科学アカデミー傘下の研究所のコンソーシアム である Prague Consortium との間で、SciFinder の利用に関する 5 年契約を締結したことを発表しました。この長期契約により、プラハにあるコンソーシアム加盟機関の教職員、学生、研究者は SciFinder でしか得られない最も正確で網羅的な最新の情報にアクセスできることになります。

プラハ市内にある大学の理工学分野の研究者は誰でも、化学に関する第一の情報源として世界中の研究者に利用されている SciFinder にアクセスできるようになりました。SciFinder へのアクセスは無制限なので、生化学、生物学および生命科学全般、薬学・薬理学、法医学、物理学、医歯学、生体工学、材料科学などの研究者も SciFinder を活用できます。

先週、プラハで契約締結を記念するイベントが開かれ、Prague Consortium 加盟機関のメンバーがこのコンソーシアムを基礎とするコラボレーションを紹介し、更に加盟機関所属の博士課程の学生、ポスドク、研究者の表彰が行われました。

Institute of Chemical Technology Prague の Karel Melzoch 学長は「プラハは古くから科学の重要な研究の拠点でした。今回の提携によって、市内の数千人に上る大学や政府機関の研究者が伝統ある科学研究を維持することが可能になりました。そして、SciFinderをプラハの研究者に提供することにより、彼らが世界的に権威ある大学や研究機関と競争が続けられることを喜びとしています」と語りました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング