鈴鹿8耐でヨシムラスズキレーシングチーム準優勝に貢献!

PR TIMES / 2013年8月9日 20時7分

~サンスターのブレーキディスク採用~

2013年7月25日から28日の4日間、三重県鈴鹿サーキットで行われた2013 FIM世界耐久選手権シリーズ第2戦 "コカ・コーラ ゼロ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第36回大会(鈴鹿8耐)で、サンスター技研株式会社(本社:大阪府高槻市、以後サンスター技研と表記)が開発した二輪レース用ブレーキディスク「Type-OMEGA(タイプオメガ)」を搭載したヨシムラスズキレーシングチーム(ライダー:津田拓也、青木宣篤、ジョシュ・ブルックス、ベース車両:スズキGSX-R1000)が準優勝しました。



【サンスター技研が開発した二輪レース用ブレーキディスク「Type-OMEGA(タイプオメガ)」】


サンスター技研が二輪レース向けに独自開発し、レーシングチーム向けに販売。

摺動部の熱容量の偏りを極力無くし、熱変形、ヒートクラック、スポット溶着の発生を抑制。

独自の溝加工によりブレーキパッド磨耗時のセルフクリーニング機能を発揮。

上記の特徴により、コントロール性に優れ、安定した制動力を確保。

厚み、外径寸法など、チームごとの要望を取り入れバリエーション対応。

国内外の二輪レーシングチームに限定して供給中。


【ヨシムラスズキレーシングチームへのレース専用部品の提供】
サンスター技研は、今年度、鈴鹿8耐のほか、全日本ロードレース選手権1000ccクラス(JSB1000)全大会でヨシムラスズキレーシングチーム(以後ヨシムラと表記)にブレーキディスク(フロント・リア)、スプロケット(チェーンを介して駆動力を伝える歯車、エンジン側・後輪側)を提供しています。サンスター技研の技術スタッフは、天候、温度、サーキット条件などのコンディションにあわせてチームの要求に応えるブレーキディスクの提供をきめ細かく行う中でノウハウも蓄積し、6月に筑波サーキットで開催された第4戦でのヨシムラ優勝(津田拓也選手)など、チームの好成績に貢献しています。


【サンスター技研が市販品として販売するブレーキディスク、スプロケット】

サンスターは、1960年代からオートバイ向けのディスク部品事業に参入、二輪メーカー各社にOEM部品として納入してきたブレーキディスク、スプロケットを、20年前からは市販向けの交換部品として、前後輪ディスクブレーキ、前後スプロケットの販売を行っています。現在は、国内外オートバイメーカー12社の対応商品をラインナップしています。
レース用ブレーキディスク「Type-OMEGA(タイプオメガ)」の販売は行っておりませんが、同様の設計思想を取り入れた「ワークスエキスパンド」シリーズが好評です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング