~“チョッと贅沢なこだわりの商品を拡充~ 2013 年 大丸・松坂屋「夏の贈り物」

PR TIMES / 2013年5月15日 9時34分

WEBサイトでは5月15日(水)、店頭では6月1日(土)から承り開始

大丸松坂屋百貨店は、WEBサイトでは5月15日から、店頭では6月1日から、サマーギフト(お中元)の承りをスタートいたします。



 最近は、「アベノミクス」効果といわれるように、景気回復への期待感を背景に、消費マインドにも好転の兆しが見られます。そこで、大丸松坂屋百貨店のサマーギフトでは、高級ワイン(15万円他)、最高ランク牛肉(3万円他)をはじめ、「バイヤーが選んだ美味厳選」(全64点)、「老舗・名品の味」(全67点)など、“チョッと贅沢”な商品点数を約1.3倍に拡充し、大切な方に思いを伝える本物志向・こだわり志向のギフトを強化、単価アップを狙います。


 また、母の日のプレゼントやお花見弁当に“奮発”するように、親しい人への贈り物やみんなで楽しむ場への支出において、少し価格が高くても、より品質の良いもの・センスの良いものを求める傾向がより顕著に見られます。その判断基準として影響力を持つのが“クチコミ”。そこで、ライススタイルリーダーとしてアラ30・アラ40世代を中心に人気がある、モデルの浜島なおこさんとイラストレーターの平澤まりこさんがおすすめする、カジュアルなギフトを「カラダ・ココロよろこぶギフト」(全19点)として提案する他、DEAN&DELUCAやEATALYなど「洋の食卓」を彩る食材を取り揃えた「洋のくらしギフト」(全34点)を充実させるなど、話題性・ファッション性があり贈る人のセンスを伝えるギフトを強化しました。

 一方で、価格志向に対応したお買い得感のある「優待ギフト」も引き続き強化、お中元売上高で上位を占める、ビール・洋菓子をさらに充実(約1.2倍)させています。

 さらに、ギフトセンターで注文できる人気のご自宅使用限定商品も従来の「ベストセレクション(日常の食品、お取り寄せご当地グルメ、長期保存食品など)」に、これまでお客様から要望の高かったご自宅用の健康食品・サプリメントを特集した「Beauty+(ビューティプラス)」(約60点)を加え、充実しました。
お客様の多様なニーズにお応えし、今中元期のギフト売上は対前年5%を目指します。


■2013年お中元基本データ■
【売上目標】 対前年+5% (オンラインショッピングは対前年+15%)
【予想受注ピーク】 大丸:6月30日(日) 松坂屋:6月30日(日)、7月7日(日)
【予想平均単価】
・大丸:3,770円(前年3,701円)
・松坂屋:3,900円(前年3,819円)
【中心価格帯】 3,000円、5,000円
【商品点数】
・「夏の贈り物」(総合カタログ)約1,550点(前年約1,530点)
・「優待カタログ」 792点(前年766点)
・<ご自宅用>「ベストセレクション」 全324点(前年324点)、「Beauty+」約60点

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング