“エコめがね”全量モバイルパック 月額お支払いプランが新登場

PR TIMES / 2015年1月6日 15時25分

全量買取向け太陽光発電設備向けに最適

株式会社NTTスマイルエナジー(本社:大阪市中央区、代表取締役社長 谷口裕昭、以下、NTTスマイルエナジー)は、このたび既に発電を開始している既設の太陽光発電設備や、20kW程度の小規模太陽光発電設備にも初期導入コストが少ない負担で太陽光発電遠隔モニタリングサービス“エコめがね”を導入できるよう、新たに“エコめがね”全量モバイルパックに月額お支払いプラン(以下、モバイルパック月払いプラン)を追加、本日より受注開始し、2月2日より販売開始する事をお知らせいたします。



1、モバイルパック月払いプランの概要
 モバイルパック月払いプランは、導入時に“エコめがね”全量モバイルパック機器代、1年間のサービス利用料(3G通信料含む)を、太陽光発電システム販売会社様よりご購入頂きます。
2年目以降は、月額のサービス利用料(3G通信費含む)を弊社へクレジットカードによりお支払い頂きます。

2、モバイルパック月払いプランの利用シーン
【1.稼働開始済み設備向け】
 太陽光発電設備は稼働開始後、故障に至らずとも、落雷などによるブレーカー切断等により発電が停止する事があります。(図1)
 これらの発電トラブルを早期に発見し、より確実な投資回収を実現するため、遠隔モニタリングサービスに対する需要は高まりを見せています。
 しかしながら、現在稼働を開始している低圧太陽光発電設備においては、追加で遠隔モニタリングサービスを導入するためのコスト負担等の課題から、導入率は2割程度にとどまっています。(図2)
 これまで“エコめがね”全量モバイルパックは新規稼働の太陽光発電設備を主な対象として10年間分のサービス利用料(3G通信料含む)をご購入時に一括払いいただくプランのみを提供していましたが、今回発表のモバイルパック月払いプランにより、既に稼働を開始している太陽光発電設備にも、“エコめがね”の導入が容易になります。

【2.出力20kW以下の小規模設備向け】
 現在稼働を開始している低圧太陽光発電設備のうち、出力20kW以下の設備は全体の多数を占めています。(図3)
これらの設備は、設備全体のコストが低いため、遠隔モニタリングサービスの初期導入費用の割合が高くなり、コストが見合わず、導入を見送られるケースが散見されています。
「モバイルパック月払いプラン」は10年一括払いプランと比較し、初期費用を抑えて、毎月の売電収入から月額サービス利用料(3G通信料含む)をお支払いいただけますので、小規模設備において遠隔モニタリングサービス導入をご検討されている方に最適です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング