パートナーエージェント×博報堂 “結婚の幸福度”を測る指数 『QOM』(Quality Of Marriage)を発表!

PR TIMES / 2013年11月19日 14時16分

11月22日「いい夫婦の日」。夫婦の幸せは何点? - 博報堂研究開発局が全面協力し、現代の結婚観を反映した指数を開発 -

さらに、『QOM』の基盤となる3,600名から収集した調査結果も同時に発表
・バツイチに朗報!失敗は成功のもと(!?)、バツイチ以上の方が『QOM』が高い結果に
・「憧れのマイホーム」も今は昔。「持ち家」よりも「賃貸」暮らしへの移行がオススメ!?
・裸で歩きまわることや、オナラにも夫婦の幸せのヒントが!



 婚活支援サービスのパートナーエージェント(本社:東京都品川区、代表取締役:佐藤 茂)は、11月22日(いい夫婦の日)に、“結婚の幸福度”を客観的に測定し、数値化する指数『QOM(Quality Of Marriage)』を発表します。さらに、『QOM』の指数をはじき出すための基盤となる、3,600名に実施した大規模調査の結果も同時に発表し、日本全国にわたる各家庭での結婚生活の知られざる実態に迫りました。


■『QOM』について

 『QOM』とは、「Quality Of Marriage」を略したもので、結婚生活における夫婦それぞれの幸福度を数値化するために開発されました。
 近年、ブータンのGNH(国民総幸福度指数)やフランス・イギリスなど様々な国で幸せを数値化する試みが行われていますが、『QOM』は現代の日本人の結婚観を反映し、“結婚の幸福度”の数値化を試みた世界でもユニークな指数です。20歳~69歳までの夫婦3,600人の定量調査を元に、結婚生活の幸福度と相関性が高い要素を選んでいくことで開発されました。「自己PR力」「観察力」「ケンカ力」「仲良し力」「境界力」「過去未来力」の6つのカテゴリーからなる全80問の設問に答えることにより、現在の結婚の幸せが1,000点満点で数値化されます。また指数の開発にあたっては、“生活者発想”でマーケティングソリューションを提供する博報堂研究開発局が全面的にサポートし、「結婚の本質的な価値」を捉えた指数を導き出す土台を構築しました。

 今回の『QOM』開発にあたり、調査にご協力頂いた方々から「(QOMの測定を通し)改めて夫に対する愛情や感謝を考える機会になった」等のご意見を頂いたことから、より多くの皆様に結婚生活を客観的に見直し、高まる日本の離婚率に歯止めをかけられる機会をご提供させて頂きたく、11月19日(火)より、パートナーエージェントの「QOM診断サイト」で実際に『QOM』を測定できるオンラインサービス (http://www.qom.jp)を開始します※。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング