11月20日、27日開催 モノづくりで働く誇りを。使命を。あふれる情熱を。

PR TIMES / 2013年11月20日 13時34分

各業界のトップメーカーが理系学生に向け「モノづくり」のおもしろさを本気で語る

 経営コンサルティングを手がける株式会社リンクアンドモチベーション(以下LM)は、2013年11月20日(水)、27日(水)に、理系学生向けイベント『モノづくりJAPAN』を実施します。

 このイベントは、各業界のトップメーカーが理系学生に向け「モノづくり」のおもしろさを本気で語ることをテーマに、今年初めて開催するものです。

 企業ごとにブースを設ける通常の合同説明会と異なり、各業界のトップメーカーが集まって実行委員会を作り、事前に内容を協議。「スマートシティ」「環境・エネルギー」等の各回のテーマに対してそれぞれのメーカーがどのような視点で関わっているのかを説明します。
 理系学生(学年は問わず)を対象とし、少人数のグループで社員と座談会を行います。




■第1回は「スマートシティ」
 本年は全3回実施予定で、第1回は11月12日(火)に実施しました。
 「スマートシティ」をテーマに、日立製作所、東芝、ブリヂストン、大日本印刷の4社がそれぞれの関わり方をレクチャーしました。大変好評で、終了後のアンケートでは25人中全員が「満足」「まあまあ満足」と答えました。


<アンケートより>
「周りの人も理系的な視点で話をしていて、合同説明会とは違い明確だった」
「スマートシティについて、いろいろな業界の取り組みについて知ることができたのは良い機会になった」
「大企業4社が一同に介して話を聞ける機会なんてめったにないのに参加できて光栄でした」
「ここまで深く、複数の企業の社員と関われるとは思っていませんでした」


【実施の背景】

■モノづくりJAPANプロジェクト、始動
 若者のモノづくり・メーカー離れに危機感を持った各業界のトップメーカーが、共同で「モノづくり」のおもしろさを伝える機会を設けたいと、モノづくりJAPANプロジェクトを発足させました。

戦後の焼け野原から、資源を持たないアジアの小国は奇跡の高度経済成長を遂げました。「資源を加工し、価値に転化する。」
数々のメーカーのイノベーションにより、Made in Japanが世界を席巻しました。

時は2013年。新興国の台頭により、日本のモノづくりの競争優位性は崩れ、世界の中で、存在感を失いつつあります。

それに対応するかのように、モノづくりの人気は下落し、優秀な理系学生が非メーカーを選択。さらなるイノベーションが必要にも関わらず…。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング