~渡航費、宿泊費、食費はインターリンク負担~世界で活躍するSEの第一歩、「2014シリコンバレーインターンシップ」募集開始。開催地はTwitter等が本社を構えるサンフランシスコ市内。

PR TIMES / 2014年4月1日 9時47分



 オタク川柳大賞の主催や「.moe」を運営する、インターネットサービスプロバイダーの株式会社インターリンク(東京都豊島区、代表取締役:横山正、以下インターリンク)は、「2014シリコンバレーインターンシップ」の参加者募集開始を発表しました。

 2011年より開催中の同インターンシップは、今年より開催地をサンノゼからサンフランシスコ市内へ移動して開催します。TwitterやFacebook、Zynga等の世界的なインターネット新興企業(約1,900社)が本社を構え、IT企業の拠点となりつつあるサンフランシスコ市内は、シリコンバレーの一部とする見方も強まっており、テクノロジー企業に勤める若者から人気のエリアです。このようなカウンターカルチャーが生まれる場所で、その空気を感じてほしいことが開催地移動の理由となります。

 インターンシップ期間中は、当社が設けた課題「アプリ開発」の取り組みだけではなく、ベンチャー企業、コワーキングスペースの訪問、インテル博物館等の観光ツアーを本年も実施します。昨年参加したインターンシップ生が築いた現地に滞在する日本人との交流会への参加も調整中です。3年連続で開催したYahoo!本社での食事会では、現地スタッフより貴重なアドバイスを頂き、参加者にとって大きな財産になりました。また、インターンシップ生の特典として、期間終了後も当社の研修施設であるマンションを学生価格でマンスリー契約することも可能としました。現地での就職活動や観光の目的でも活用頂きたいと考えています。

 現地にはインターリンクのスタッフ2~3名(男女)が同行します。プログラミング能力のある学生、ポスドク(※18歳以上)で2014年8月の1ヶ月間シリコンバレー滞在が可能な方男女なら誰でも応募できます。往復の渡航費(※自宅から空港までの交通費も含む)や現地での宿泊費用は、インターリンクが全額負担。給与は支給されませんが、食費として1日30ドルを支給します。また、土日等の就労時間外は、自由に観光もできます。シリコンバレーを開催場所として、期間終了後も研修施設を利用できるインターンシップは、インターリンクの企画しかありません。世界で活躍するSEを志している方、経験として参加したい方、応募理由は問いません。奮ってご応募下さい。

【2014シリコンバレーインターンシップ応募要項】

募集受付期間       2014年4月1日~4月30日

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング