ア・アルカンターラ、2015年春夏コレクションを発表 デザイナーは、ブルーノ・ラウレンツァーノ

PR TIMES / 2014年7月31日 18時58分

テーマは「ヴィンテージ カプリ島への回帰1965-2015」



【東京発】イタリアの高級カバーリング素材メーカーであるアルカンターラ社(本社:ミラノ)は、同社のバッグやアクセサリー・ブランドである“A’alcantara ”(ア・アルカンターラ)の「2015年春夏コレクション」をワールドプレミアとして都内で発表いたしましたのでご連絡いたします。

2015年春夏コレクションは、デザイナー、ブルーノ・ラウレンツァーノにより、「ヴィンテージ カプリ島への回帰1965-2015」をテーマにして、婦人用のハンドバッグ、クラッチバッグ、トラベルバッグ、ショッピングバッグ、セレブズ・クラッチバッグの5アイテム、及び紳士用のダッフルバッグ、オールインバッグ、トラベル・ケース、ソフト・スーツケースなどから構成されます。

■2015年春夏コレクション、「ヴィンテージ カプリ島への回帰1965-2015」について
復活するエレガントな贅沢 (The Elegant Luxury is Back)

時は1965年。世界のセレブリテイで賑わっていたカプリ島のウンベルトI 世広場。
この島の魔力がもたらす自由で何気ない風の中を、ブリジット・バルドーは裸足で歩きまわり、ローレン・バコールやジャッキー・ケネディは上品なドレスと初期の立体的なサングラスを身につけ、地球上でもっとも影響力のある男たちは船を停めて、みごとなリネンのシャツにカラフルなローファーという出で立ちで、完璧なアペリティフを楽しんでいたのです。

この『エレガントな贅沢』が生まれてからちょうど50年。ブルーノ・ラウレンツァーノ(Bruno Laurenzano)の手によるA’alcantara(ア・アルカンターラ)バッグ・コレクションがお目見えします。個性的な発想で『Who's On Next』にも選ばれた新進気鋭デザイナーの洗練された作品をぜひご覧ください。

いずれも、アイデアの源泉となったスターたちのように、『時代の主役』であることを目指し、ファンシーな素材で
「一握りの幸福な上流階級の人々」が作り出した、「洗練された」スタイルによってその瞬間を表現しています。

これまで見たこともない斬新な色の3D カモフラージュ、シャーベットカラー、地元の伝統的な工芸品からの宝石装飾。強いはっきりとしたテーマは夏の海風のようにデリケートで、しかしそのコントラストが魅惑的な効果を生み出し、特別なものとなっています。そして、優しいピンクの色使いがそれぞれのモデルを独特なものに作り上げ、はっきりとその独創性を表しています。繊細なディテールと金属のがま口部分がデイリー使用のバッグに威厳を与えます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング