【FRONTIER】Windows8.1搭載 15.6型バリューノートを新発売

PR TIMES / 2013年11月27日 18時19分

~ リーズナブルでも多機能 ~

インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:関戸 光雄)(以下、当社)は、2013年11月27日(水)より、マイクロソフト社の最新OSであるWindows8.1にインテル社製のMobile向けCPUである「インテル(R) Celeron(R) 1037U プロセッサー (1.80GHz / 2MB)」を搭載したノートパソコンの販売を開始いたします。



■製品の概要

このたび発表する新製品は、「モバイル インテル(R)NM70マザーボード」をベースとして、OSにマイクロソフト社製の最新OSとなるWindows8.1を、CPUにインテル社製のMobile向け「インテル(R) Celeron(R) 1037U プロセッサー (1.80GHz / 2MB)」を搭載した15.6型のノートパソコンです。液晶には「1366×768」の広い表示領域を備えた15.6型ワイド液晶を搭載し、画面上下に黒枠を表示しない「16:9」画面の採用により、映画やドラマなどのDVDコンテンツも思う存分お楽しみいただけます。
また、4万4800円からのリーズナブルな価格帯ながら、大画面への出力に便利なHDMIポート、数字入力に便利なテンキー、デジタルカメラや携帯電話からのファイル取り込みに便利なカードスロットなど、豊富な機能を標準搭載しています。
Office2013搭載モデルも5万9800円からご用意しておりますので、用途やお好みに応じてお選びください。


■製品の特長

<さらに進化した最新OS Windows8.1搭載>
Windows8の特長であるスタート画面のタイルサイズが「大」・「中」・「小」・「広い」の4種類に増加し、利用頻度や使い勝手に応じて自由にお選びいただけます。また、従来OSがお好みの方には、起動直後にデスクトップ画面の表示が可能になり、画面左下にスタートボタンを配置することで抵抗なくご利用いただける工夫が施されています。

<使いやすさにこだわった充実機能>
広い表示領域を備えた15.6型ワイド液晶(1366×768)を採用しています。
また、画面上下に黒枠を表示しない「16:9」画面の採用により、見やすさと使いやすさを実現し、テレビやモニタとケーブル1本で接続できるHDMIポートや、デジタルカメラや携帯電話からのデータ取り込みに便利なメモリーカードスロット、数字を入力することの多い方に便利なテンキーなど、使いやすさにこだわった機能が充実しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング