下描きなしで描ける、はじめての墨彩画。季節の花を描いて、季節のお便りを。『はじめての墨彩画 季節の花を描く』刊行

PR TIMES / 2015年11月4日 14時30分

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2015年11月4日(水)に、『はじめての墨彩画 季節の花を描く』を刊行いたしました。墨と顔彩を使って、四季折々の花を描きましょう。書道のような筆運びで様々な花や葉を表現します。



Amazon: http://amzn.to/1NPbVck
[画像1: http://prtimes.jp/i/12109/22/resize/d12109-22-907776-1.jpg ]


下描きはしません。筆の運びで花びらや葉っぱを表現します。とはいえ、難しく考える必要はありません。書道と同じで、筆運びを練習してそれを組み合わせることで形を表現するので、下描きをして描くよりも、実はとても簡単なのです。
たとえば二回の筆運びを組み合わせて丸い葉っぱを描いたり、筆全体を使って大きな花びらを描いたり。筆の動かし方次第でさまざまな花を表現することができます。

何度も描くことで筆に慣れ、筆の動きを愉しみながら描けるようになっていきます慣れてくると、小さな花ならさらっと1~2分で描けるようになり、葉書や封筒などにも手軽に花を添えることができるようになります。

自由に筆を動かす愉しみは、墨彩画ならではのもの。「かんたん墨彩画」はじめてみませんか?

[画像2: http://prtimes.jp/i/12109/22/resize/d12109-22-427195-2.jpg ]

【著者プロフィール】
中津宣子(なかつ のりこ)
1945年、長野県長野市で生まれ、愛知県名古屋市で育つ。66年には、フラワーデザイン教室に通い、フラワーデザイナーの資格を取得し講師になる。38才で水墨画を習いはじめ、93年より、地元のデイサービスの水墨画講師としてボランティアに参加。22年間つとめ、今日に至る。趣味は園芸と手芸。

【書籍概要】
書 名:『はじめての墨彩画 季節の花を描く』
著 者:中津宣子
仕 様:B5変形判、160ページ
定 価:1,600円+税
配本日:2015年11月4日(水)
ISBN:978-4-416-31551-4

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ: http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック: https://www.facebook.com/seibundoshinkosha
ツイッター: https://twitter.com/seibundo_hanbai
紀伊国屋書店: http://bit.ly/1k9oJkd
楽天ブックス: http://bit.ly/1NqedAe
ヨドバシ.com: http://bit.ly/1MgdnVG
Amazon: http://amzn.to/1NPbVck

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング