子どもの金融教育のためのお小遣い帳アプリ「おこづかい貯金レコ」をリリース

PR TIMES / 2019年11月29日 13時25分

~シリーズ累計450万ダウンロード突破のレコシリーズに新アプリ登場~

スマートアイデア株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:江尻 尚平、以下「当社」)は2019年11月29日より、子どもの金融教育のためのお小遣い帳アプリ『おこづかい貯金レコ』の提供を開始いたしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/12167/22/resize/d12167-22-874251-0.png ]

◆『おこづかい貯金レコ』について
『おこづかい貯金レコ』は「お金に困らない人生を歩んでほしい」という思いから作った、子どもの金融教育を目的としたシンプルなおこづかい帳アプリです。小学生から高校生までの金融教育を想定し、子どものうちからお金の管理の仕方を学び、成長に合わせてより細かく管理ができるようにアプリの設定を「かんたん」「ふつう」「こまかく」の3つのレベルから選ぶことができます。アプリを起動するとすぐに入力画面が表示されるので、カテゴリと金額を入力するだけでいつでもどこでもかんたんに記録が出来ます。入力データは即時でカラフルなグラフ・リスト・カレンダーに自動で反映がされるため、面倒は一切ありません。またあえて金融機関連携はせず、手動管理に特化しているため自分好みに自由にカスタマイズすることが可能です。

◆特徴1. 貯める力を養う貯金と予算機能
 貯金と予算機能は子どもが“おこづかいの使い道″を考えるためのツールになります。また、お金がなかなか貯まらないという悩みを抱える人も収支と貯金をひとつのアプリで管理することで、お金を貯めやすい流れを形成できます。予算機能を使用すると当月の予算残高や予算に対する進捗度が表示されます。予め貯金の金額を引いて予算を設定しておくと、予算内に収まるようにやりくりをすることで自然と貯金が出来るようになります。貯金に「目標金額」「達成予定日」を設定することで、目標までの残額、残日数、達成率が表示されるため、ゴールが明確になり貯金を続けるモチベーションを高めます。
 
◆特徴2. 金融教育機能
子どもの支出においてもキャッシュレス化が進み、決済方法が多様化している昨今、どこでいくら支払ったのか、それぞれに残高がいくらあるのか管理する能力を身につけるため、支払い方法を記録する機能を搭載しています。今後、金融教育のためのコンテンツや機能を追加していく予定です。

■サービス詳細
名称    :『おこづかい貯金レコ』
提供場所  :
【App Store】 https://apps.apple.com/jp/app/id1477146685
【Google Play】 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.smartidea.quickmoneykid
対応機種  :iOS10以上のiOS端末、Android7.0以上のAndroid端末
サービスロゴ:
[画像2: https://prtimes.jp/i/12167/22/resize/d12167-22-209589-1.png ]


サービスイメージ:
[画像3: https://prtimes.jp/i/12167/22/resize/d12167-22-589531-6.png ]


■スマートアイデア株式会社について
スマートアイデア株式会社は「世界の人々の人生を豊かにする便利なアイデアを提供する」「Happy Money Life」を目標に、世界の人々と協力してアプリ開発を行うFintechベンチャー企業です。430万ダウンロードを達成した「2秒家計簿おカネレコ」に続き、家計・個人・仕事のお金を一元管理できる『おカネレコプラス』の提供も開始しました。そのほかロボがチャット形式でサポートを行う「ロボアシスタントサービス」などを展開しています。

【会社概要】
社名  : スマートアイデア株式会社
所在地 : 東京都中央区日本橋茅場町1-8-1 
茅場町一丁目平和ビル8階
代表者 : 代表取締役 江尻 尚平
事業内容:アプリおよびWEBサービスの企画・開発・提供
URL   : http://smart-idea.jp


「おカネレコ」「おカネレコプラス」はスマートアイデア株式会社の登録商標です。また、記載されている会社名・製品名は、各社の登録商標または商標です。


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング