関西最大規模 全110戸のシェアハウス「ソーシャルレジデンスアカデミア大阪尼崎」兵庫県尼崎市にオープン

PR TIMES / 2019年9月24日 16時40分

【オークハウス関西シェアハウス第3弾】2019年9月29日より入居開始



[画像1: https://prtimes.jp/i/27970/22/resize/d27970-22-304583-8.png ]


シェアハウス運営管理会社の株式会社オークハウス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山中 広機)は、兵庫県尼崎市内に関西最大規模の新築シェアハウス「ソーシャルレジデンスアカデミア大阪尼崎」(地上4階建て、総戸数110戸)を2019年9月19日(木)に竣工、9月29日(日)に入居開始になります。

なお本物件は、関電不動産開発株式会社(本社:大阪市北区、取締役社長:勝田 達規)が建設した建物を弊社が運営管理します。

■「ソーシャルレジデンスアカデミア大阪尼崎」の魅力
 本物件は弊社シェアハウス関西進出第3弾であり、阪神電鉄本線「武庫川」駅徒歩8分、「尼崎センタープール前」駅徒歩6分に位置しています。「梅田」まで直通20分のアクセスと優れた立地です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/27970/22/resize/d27970-22-748480-0.jpg ]

 弊社が提唱する新しい住まいのカタチ「アカデミア」シリーズは、「Coliving、 Coworking、 Colearning」をテーマに、全居室に家具家電付き、共有設備にはジム、シアタールーム、コワーキングスペース、ライブラリー、スタディールーム、リラグゼーションスペースを完備。大型リビングやテラスもあり、ただ住むだけではなく充実した住人間の交流も可能とします。

 通常家賃月額67,000~70,000円(賃料49,000~52,000円+共益費18,000円)ですが、12月まで先着30名限定で家賃月額39,000円のサンキューキャンペーンを実施いたします。


[画像3: https://prtimes.jp/i/27970/22/resize/d27970-22-224335-6.jpg ]


■オークハウスの精神「住むことを楽しむ」を関西でも
 弊社は「住むことを楽しむ」を企業理念としております。日常生活で入居者同士の交流が生まれるように住空間の動線設計を意識した共有設備を充実させるのはもちろんのこと、定期的なイベント開催を通して交流を促進しております。

 関西エリア独自イベントとしてはこれまでに万博記念公園でのホタル鑑賞ツアー、箕面の滝ツアーなど地域特性を活かしたツアーイベントを行ってきました。そして、お花見会、ハロウィンパーティー、クリスマスパーティーなど季節のイベントを弊社企画で行うことに加え、入居者同士で自発的に自国や出身地の料理を振る舞うパーティーは日常的に行われています。

[画像4: https://prtimes.jp/i/27970/22/resize/d27970-22-527919-2.png ]



[画像5: https://prtimes.jp/i/27970/22/resize/d27970-22-117311-1.jpg ]

<施設概要>
施設名:ソーシャルレジデンスアカデミア大阪尼崎
所在地:兵庫県尼崎市大庄西町4丁目8番10号
交通:阪神電鉄本線「武庫川」駅より徒歩8分、「尼崎センタープール前」駅より徒歩6分
規模:地上4階建て  総戸数:110戸
賃料:月額67,000~70,000円(賃料49,000~52,000円+共益費18,000円)
[居室設備・備品]
無料WIFI/セミダブルベッド/ デスク/ チェア/ 照明器具/ 冷蔵庫/ カーテン/ エアコン/ 収納/ 物干し
[共有スペース]
大型リビング/大型キッチンスペース/ アウトドアテラス/ シアタールーム/ジム/スタディールーム/コワーキングスペース/ ライブラリー/リラグゼーションスペース/ シャワー/ トイレなど
物件ページ https://www.oakhouse.jp/house/1036

<オークハウスについて>
 オークハウスは、日本の賃貸住宅制度により住む場所を借りづらい訪日外国人向けに、敷金・礼金・連帯保証人を要求せず、全室家具家電付き住居を提供するシェアハ ウス運営会社です。首都圏を中心に約 260 物件/6,700 部屋を運営管理。全入居者のおよそ 53%が外国人です。国籍、職業や年齢、性別、収入による制限なくご入居いただけます。大型シェアハウスシリーズ「ソーシャルレジデンス(R)」の稼働率 98%を維持しています。
※当データは2019年9月現在のものです。
公式HP https://www.oakhouse.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング