フォビジャパン会長、Huobi大学の日本見学コースで講師として登壇

PR TIMES / 2019年8月19日 19時40分

フォビジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役会長:陳 海騰、代表取締役社長:閏間 亮、 https://www.huobi.co.jp/)は、Huobi(フォビ)グループが5年以上培った暗号資産(仮想通貨)取引サービスのノウハウを活かし、安心して日本でお取引ができる暗号資産取引所を提供しています。



[画像1: https://prtimes.jp/i/37450/22/resize/d37450-22-130145-0.png ]


Huobi(フォビ)に所属するHuobi大学(Huobi University)は、実体経済を後押しするブロックチェーンの役割を促進し、ブロックチェーン産業に必要なリーダーの育成に焦点を当てた専門教育機関です。

Huobi大学設立の目的

Huobi大学は、ブロックチェーンの応用技術を活用し、ビジネスチャンスを掴むビジネスリーダーを育成するため、2018年8月に設立されました。

「ブロックチェーンおよびその他の高度な技術への適応を促進し、デジタル経済と実体経済の綿密な統合を促進する」ことを使命として、さまざまな地域および産業の経済発展の新しいリーダーを積極的に育成しています。

どんな人が学生?

中国のインターネット関連をはじめとしたさまざまな企業、ブロックチェーンプロジェクトの創始者/CEO、機関投資家など。今後、海外からの学生の募集も予定しています。

Huobi大学の学長

[画像2: https://prtimes.jp/i/37450/22/resize/d37450-22-879146-1.jpg ]


Huobi大学の学長を務めるのは、中国人民大学経済学博士の于 佳宁(Yu Jianing)教授です。

中国政府のシンクタンク研究部門で働いており、さまざまな省庁で、金融、通信、インターネット、製造などの分野を研究しています。

Huobi大学学長・于 佳宁教授の役職


元中国政府産業情報技術省産業経済研究所の所長
中国通信産業協会ブロックチェーン特別委員会副会長
中国国際経済技術協力推進協会ブロックチェーン技術および応用作業委員会副事務局長
中国コンピュータ協会ブロックチェーン専門委員会のメンバー
2018年の「中国のブロックチェーン産業に関する白書」の編集委員会所長


Huobi大学には日本の見学コースも

[画像3: https://prtimes.jp/i/37450/22/resize/d37450-22-216401-2.jpg ]


Huobi大学のコースは、実体経済とデジタル経済の2つの側面から、ブロックチェーン技術の可能性を広げることを目的に構成されています。

Huobi大学のコース


ブロックチェーン産業
金融、投資
日本の法規制、ブロックチェーン、金融動向
シリコンバレーの最新技術、ブロックチェーン、金融動向
Huobi大学学友会


中国国内におけるブロックチェーンを学習するコースはもちろん、海外に渡航して現地の見学をするコース(旅費交通費は自費)も用意されており、先日は日本の見学コースが行われました。

暗号資産の法整備が進んでいる日本

日本の暗号資産(仮想通貨)の法整備は、世界でもトップクラスに進んでいるといわれています。

2017年4月1日の改正資金決済法の施行により、日本では世界で初めて暗号資産(仮想通貨)が決済手段として正式に認められました。同時に、日本の暗号資産(仮想通貨)の売買や管理を営む業者は、金融庁による審査を必要とする登録制となり、規制の対象となりました。

2019年にも、資金決済法及び金融商品取引法の改正案が閣議決定され、暗号資産(仮想通貨)が流失した際の「弁済原資の保持」の義務づけが行われるなど、現在進行形で法整備が進められています。

先日行われた日本見学コースでは、カリキュラムの1つとして、フォビジャパン株式会社の代表取締役会長である陳 海騰(チン カイトウ)も登壇し、日本と中国それぞれの市場・ビジネス習慣の違いをもとに、日本で展開してゆく上で必要な基礎知識を話しました。

フォビジャパン株式会社 代表取締役会長 陳 海騰

[画像4: https://prtimes.jp/i/37450/22/resize/d37450-22-422436-3.jpg ]




1967年4月8日生まれ。
中国福建省廈門(アモイ)市出身。
1992年に沖縄国際大学を経て神戸大学大学院へ留学後、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社に入社し、日本の商習慣を学ぶ。
2006年、バイドゥ株式会社の代表取締役社長に就任。
2018年にフォビ株式会社代表取締役社長に就任。ビットトレード株式会社を買収後、フォビジャパン株式会社の代表取締役会長に就任。


著書


2010年2月:50万円でインターネットから中国3億人富裕層と商売する方法
2011年6月:日本にいながら中国ビジネスで儲ける法
2011年12月:新華僑のスゴい仕事術
2013年5月:百度式600万人中国観光客を呼び込む方法


Huobiのノウハウを活かしてローカライズ戦略を進める

[画像5: https://prtimes.jp/i/37450/22/resize/d37450-22-431986-4.jpg ]


暗号資産(仮想通貨)を取り巻く環境は、日本と中国で大きく異なります。

フォビジャパン株式会社は、代表取締役会長の陳が確立した日本展開のローカライズ戦略と、Huobi(フォビ)グループが5年以上培った暗号資産(仮想通貨)取引サービスのノウハウを活かし、これからも多くの方に安心してお取引ができる暗号資産取引所を提供していきます。


【会社情報】
会社名  フォビジャパン株式会社
https://www.huobi.co.jp
登録番号 関東財務局長 第00007号
設立年月 2016年9月
事業内容 暗号資産(仮想通貨)交換業
代表取締役会長 陳 海騰
代表取締役社長 閏間 亮
資本金  12億2234万円
(準備金を含む)
※2019年2月末時点
住所   〒106-0032
東京都港区六本木6-2-31
六本木ヒルズノースタワー 17F

【加入団体】
一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)正会員
一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会(JCBA)正会員
一般社団法人Fintech協会 ベンチャー会員

【ソーシャルメディアアカウント】
Twitterニュースアカウント
https://twitter.com/HuobiJapan
Twitter Huobiお知らせアカウント
https://twitter.com/HuobiJapan_Ex
YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCpWnfmrT6qyTtkdgZJgNn4w

【暗号資産(仮想通貨)ご利用の際の注意】
金融庁のホームページに記載されているとおり暗号資産交換業者が取り扱う暗号資産は、暗号資産交換業者の説明に基づき、 資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎず、金融庁·財務局が、これらの暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではございません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。暗号資産は、円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまったりと、損失を被る可能性があります。暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録済みの暗号資産交換業者です。暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。

【リスク警告】
https://www.huobi.co.jp/about/risk/

【フォビジャパン株式会社】
フォビジャパン株式会社は、世界をリードするブロックチェーン企業Huobi(フォビ)が5年以上培った暗号資産(仮想通貨)取引サービスのノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと快適に利用できる取引プラットフォームを実現しています。安心して日本でお取引ができる暗号資産取引所を提供するため、今後もサービスの向上に邁進して参ります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング