東京都民対象「We LOVE Tokyo」特設ページ開設に向け参画宿泊施設募集 旅行メディア『トラベルズー』がマイクロツーリズム企画を開始

PR TIMES / 2020年7月28日 17時40分

~東京都民&都内宿泊施設マッチング企画~

新型コロナウィルス感染症の影響により稼働率低下、東京都在住・東京行き旅行が「Go To Travelキャンペーン」除外によりキャンセルが増加している都内の宿泊業界を応援するべく、トラベルズー・ジャパン株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木創、以下 トラベルズー)は、都民限定「We LOVE Tokyo」企画を実施致します。



■「We LOVE Tokyo」コンセプト
『旅行に行きたい・非日常の体験を楽しみたい』そんな東京に住むメンバー(トラベルズー会員)の想いと、『泊まりに来てほしい』東京のホテル・旅館の願いをトラベルズーが応援します。

■なぜ今都民向けか?サーベイ結果により企画・実施を決意
観光産業専門メディアとして正確な情報を業界内外に発信するために、「Go To Travelキャンペーン」に関する意識調査を6/3~7にかけて実施(有効回答数:3,013)したところ、87.5%ものメンバーが「Go To Travelキャンペーン」を「利用したい」と回答。さらに、8~10月にかけて高まる旅行意欲などが明らかに。このような需要がある一方、東京都在住者は「Go To Travelキャンペーン」が除外されるなど、都内の宿泊施設にとっては苦境と言える状況が生まれています。そこで、都内から都内への旅行需要を喚起することで、トラベルズーにとって大切なパートナーである都内の宿泊施設を応援できるのではないか?との考えから企画しました。

■旅を愛する人間として残したいホテルがある
別途実施した緊急事態宣言解除後の旅行意向に関する調査内のフリーコメントには、メンバーから「大好きなホテルがあり、華やかなロビーも今はどうなってるのか考えます。 知った顔がなくならないよう、どうかみなさんお変わりなく過ごしてほしいです。」など、旅行・宿泊業に対する応援メッセージが殺到。この想いに応えるべく、旅行メディアとしてwithコロナの旅行情報を届け続ける必要があります。

■想いに賛同いただける施設を募集します
旅行情報を届けるためにはご協力いただける施設が必要です。そこで、コンセプトとサーベイによる企画背景、メンバーからの応援コメントにご賛同頂ける都内ホテル・旅館を募集します。

■「We LOVE Tokyo」概要


実施内容:特設ページでの宿泊プラン掲載および都民限定メールマガジン配信
対象施設:東京都内宿泊施設
対象プラン:東京都民を対象とした商品(都民の利用特典や都民限定等)
募集期間 : 7月31日まで ※多数のお申込みがあった場合は募集を打ち切らせて頂く場合がございます。
掲載開始:8月上旬頃を予定
掲載費用:特別料金にて募集中
エントリー方法:下記申込みフォームより申し込み


[画像: https://prtimes.jp/i/45034/22/resize/d45034-22-785278-0.png ]

掲載をご希望される施設様につきましては、以下の申し込みフォームよりご連絡ください。3営業日以内に担当より折り返しご連絡申し上げます。

■都民向け宿泊プラン特設ページについての申し込みフォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScSzpAn1_omFoPwi8wjQOc-mUsUmdKbPYPaLkq6tmI9eTyUpQ/viewform?usp=sf_link

※掲載は自社予約ページがある施設様に限ります。掲載にあたっては編集部よる掲載審査がございます。
※エントリー頂く宿泊プランを編集部により画像付きで掲載させていただきます。

■例えばこんな渾身のホテルプラン
・朝食ルームサービス付きでプライベートなホテルステイ!
・スイートルームやクラブルーム泊ディナー付きプランでステイケーション!
・レイトチェックアウト付き1.5日滞在などでプチロングステイ!
・夏季限定プールやテラスBBQなど都心でアウトドア気分!

ご不明な点がございましたら、下記担当へご連絡ください。
担当 佐藤  TEL 090-1120-3162 E-mail ksato@travelzoo.com

トラベルズーについて
トラベルズー(R)(NASDAQ:TZOO)は世界3,000万人以上、日本で約100万人の登録メンバー向けに旅行情報を配信するオンラインメディアです。旅行に精通した旅のエキスパートが世界2,000以上の旅行関連企業の情報や消費者リサーチをもとに企画・編集した独自の旅行情報を、会員限定で配信しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング