社会人の60%は貯金なし!?”老後2000万円問題”、”消費税率10%に引き上げ”と貯金の必要性が高まるなか、貯金に対する意識は高まっていないのか…

PR TIMES / 2019年8月10日 10時40分

ベースメントアップス株式会社が、「社会人の貯金についての調査」を実施しました。

【調査概要:仕事に関する意識調査】
■調査日   :2019年7月30日 ~2019年8月6日
■調査方法 :インターネット調査
■調査人数 : 148名
■調査対象 :社会人



ベースメントアップス株式会社が運営する、より良い条件で退職するためのノウハウや情報がまとめられたサイト『退職の前に読むサイト』 https://taisyokuagent.com 編集部は、「貯金はどのくらい貯まっていますか?」について調査しました。

金融庁は老後2000万円必要であると発表しました。しかし、平均年収は上がらない、また、2019年に消費税率が10%に引き上げられることから消費は増えてしまいます。収入が増えないのに、消費が増える。このような状況で、老後2000万円貯金することができるのでしょうか?

さらに、日本経済はこのままデフレーションが続くとされているので、景気が良くなっていくことを期待することができません。なので、私たちは日々コツコツと貯金していく必要があることがわかります。

それでは、どのくらいの貯蓄が必要なのでしょうか?

そこで、『退職の前に読むサイト』 https://taisyokuagent.com 編集部は、社会人の貯蓄額を確かめるため、社会人を対象に「貯金はどのくらい貯まっていますか?」とアンケート調査を行いました。
まずは、アンケート結果をご覧ください。

[画像1: https://prtimes.jp/i/45126/22/resize/d45126-22-462294-0.png ]

【退職の前に読むサイトから引用: https://taisyokuagent.com

社会人を対象に、「貯金はどのくらい貯まっていますか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。

ほとんど貯金できていない:60%
100万~499万円:21%
1000万円以上:12%
500万円~999万円:11%


ほとんど貯金できていない:60%


社会人の半数以上は貯金せずに暮らしていることが分かります。貯金しようと思っても、社会人は出費が多いので、手元に残るお金は少なくなります。若いうちから給料の一部をコツコツ貯める貯める習慣を身に着けることが重要です。


100万~499万円:21%


貯金の第一目標になることが多いのが100万円です。100万円を貯金するのは大変ですが、一般的な給料を貰っている会社員なら、数年で貯めることができる額です。


1000万円以上:12%


1000万円貯められる人は、もともと給料が高いか、長年出費を減らしコツコツ貯金したかのどちらかでないでしょうか。年齢が上がれば、子どもの養育費やマイホーム購入などの為にまとまったお金が必要になります。また、老後のことを考えれば、1000万円以上の貯金が必要でしょう。


500万円~999万円:11%


500万円~999万円と回答した人は11%でした。社会人生活が短いと、500万円以上の貯金は難しいと感じるかもしれませんが、ある程度年齢を重ね給料が上がると、無理な目標ではないことがあります。ボーナスなどを貯金に回して、500万円~999万円の貯金を目指してみてください。

下記記事では、年代ごとの貯金額の目安や貯金する方法を紹介しています。
https://taisyokuagent.com/articles/429


関連サイト


[画像2: https://prtimes.jp/i/45126/22/resize/d45126-22-968366-1.jpg ]

■ベースメントアップス株式会社: https://basementapps.tokyo
■お問い合わせ: https://basementapps.tokyo/contact
https://taisyokuagent.com
https://kagoshimahighball.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング