1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

売上の10%が賞金になるレシピコンテスト「おかずの星」開催のお知らせ

PR TIMES / 2011年5月30日 16時58分



外食事業を展開する株式会社モンテローザ(本社 武蔵野市、代表取締役 大神輝博)は1900店舗達成を記念し、「感謝の気持ちを、ニッポンの力に。」をテーマにしたセンキュー!エブリワン!キャンペーンを6月1日から実施します。その第一弾が「おかず日本一決定戦 おかずの星」。昨今の料理ブームを外食と融合させた、画期的なコンテストです。応募・推薦ステージでは応募者がネットでオリジナルレシピを投稿、投票ステージではネットユーザーが食べてみたい料理をクリック。大会ステージでは当社が運営する居酒屋などで実際にメニューとして提供され、ランキングが決定します。最終ベスト3のレシピの応募者には売上に応じてフィーが支払われるという前代未聞のコンテストです。
当社はこのコンテストで、居酒屋を利用する・しないに関係なく皆様に参加していただき、皆様を盛り上げ、そして外食・内食関係なく「食」全体を盛り上げたいと考えています。

料理好きなら、自分だけのオリジナル料理を持っているはず。自宅にゲストを招いて食べてもらうのもいいですが自分の考案したレシピが全国の食卓に登場するとしたら・・・夢がふくらみます。

まずは、応募ステージ(2011/6/1~8/15)。応募者は、まず考案したレシピを「おかずの星」キャンペーンサイトに投稿します。応募ページのフォーマットに規定の項目を入力する方式なので、操作は簡単です。投稿されたレシピは全て掲載され、(株)モンテローザ商品開発委員会によって選ばれた約300品が、次の投票ステージに進むことができます。

投票ステージ(2011/9/1~9/30)では、「おかずの星」キャンペーンサイトに掲載された300品のレシピに対し、閲覧者が「食べたい!」と思ったら、「食べたいボタン」をクリックします。このクリック数に応じ、投票ステージの順位が決まる仕組みです。

いよいよ大会ステージ(2011/12/5~2012/3/4)。投票ステージで選ばれたレシピのベスト10を、白木屋・魚民・笑笑など当社が運営する居酒屋のうち約1100店舗以上で実際に販売します。これまでバーチャルだった料理が、ここでリアルに消費者の前に登場します。ベスト10メニューは3ヶ月間提供され、その期間中に売れた数を集計して順位が決定します。賞金はその売上からフィーとして支払われるという画期的な方式です。審査結果は2012年3月に開催される「おかずの星」決勝イベントで発表され、上位3作品の表彰、および企画賞などが授与されます。

キッチンでスマートフォンやi-Padを手元に置き、インターネットのレシピサイトを見ながら、料理をつくる。最近は男女を問わず、そんなクッキングスタイルが広がっています。本イベントは、日本全国を対象とした国民的イベントを目指すもので、誰もが気軽に参加できるスペシャルプロジェクトです。ロンブー淳さんが参加するオープニングイベントも6月2日(木)・3日(金)11:00-18:00に新宿で行われます。ここではトークと炊き出しが行われ、「おかずの星」を盛り上げます。

http://www.monteroza.co.jp/pdf/110530mr_news.pdf

お問い合わせ    
株式会社モンテローザ
「おかずの星」事務局  
mail: kaizen@monteroza.co.jp  
Tel: 0422-36-8888(応対時間:12時~18時)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング