【意識調査レポート】 『平成生まれ』の新入社員 VS 『平成元年入社』のベテラン社員

PR TIMES / 2012年4月20日 13時42分



****************************************************************************************
出世がしたい“野心家”な『平成元年入社』 ⇔ 役職にこだわらず“現実的”な『平成生まれ』
仕事において求めるもの・・・『平成元年入社』は「給与」、『平成生まれ』は「人間関係」!
稼ぎたい年収額、『平成元年入社』は「1,000万円」、『平成生まれ』は「~400万円」
****************************************************************************************

生活者の意識・実態に関するトレンドを調査するトレンド総研 (東京都渋谷区)は、『平成生まれ』の新社会人と『平成元年入社』の社会人の「仕事」に対する意識の違いを調べるため、両者の比較調査を実施しました。

◆調査期間:2012年4月11日~4月13日
◆調査方法:インターネット調査 
◆調査対象:平成元年入社の有職者(会社員)男女 250名 / 平成元年度生まれの有職者(会社員)男女 250名(平成24年4月入社の方)

多くの企業で入社式が開催されてから、約半月が経過しました。2012年度は、大卒新入社員として『平成生まれ』の男女が入社するタイミングです。今回トレンド総研では、この『平成生まれ』の新社会人たちの「仕事」に対する意識・実態を明らかにすることを目的に、アンケート調査をおこないました。さらに、彼らが生まれた年に新社会人となった、『平成元年入社』の社員たちにも同じ質問をすることで、両者の考え方のギャップを分析しました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------
【調査結果サマリー】

1:仕事に求めるもの
共通TOPは「やりがい」、2位は『平成入社』→「給与」、『平成生まれ』→「人間関係」

2:出世の意向
『平成元年入社』は「出世がしたい」、『平成生まれ』は「役職は気にしない」

3:給与の希望
給与はいくらほしい? 『平成元年入社』は「1,000万」、『平成生まれ』は「~400万」 

4:企業の勤続意向
『平成生まれ』の新社会人、半数以上が「新卒入社の会社で定年までは働かない」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング