ちょっと懐かしくて新しい、爽快感抜群のシューティングゲーム 「スプライト × ゼビウス」 ~5月8日(火)より、「スプライト」ブランドサイト上で無料公開~

PR TIMES / 2012年5月8日 12時2分



80年代に人気を博したあの名作レトロゲームとコラボレーション!
ゼビウスファンにはたまらない、スプライトオリジナルの隠しアイテムも!?


 日本コカ・コーラ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ダニエル・H・セイヤー)は、1980年代に人気を博した名作シューティングゲーム「ゼビウス」の特別仕様として開発したゲーム「スプライト × ゼビウス」を、5月8日(火)より「スプライト」のブランドサイト(http://c.cocacola.co.jp/sprite/)上で無料公開します。

 今春のパッケージならびにキャンペーンリニューアルを後押しとして、1971年の日本導入当時を彷彿させるグリーンなパッケージとともに益々注目を集める「スプライト」。“さわやかダイレクト”という言葉に象徴される、「スプライト」ならではの瞬間的な爽快感を提供するという特長を、主に20-30代の層を対象に、ちょっとレトロで、クールな世界観の中で訴求しています。

 今回の「スプライト × ゼビウス」の公開も、本キャンペーンの一環として実施するものです。「ゲームをクリアした時に抜群の爽快感を感じる」という事、そして「1980年代に人気を博した」という背景が、まさに今の「スプライト」のキャンペーンと重なる部分が多いことから、今回の企画の実現に至りました。

 「スプライト × ゼビウス」は、今年発売から30周年を迎える「ゼビウス」が、当時の世界観はそのままに、ゲーム内のアイコンやサウンドを「スプライト」をモチーフにしたものに変更。また、今回のコラボレーションの為に、簡単操作で、ゼビウスの特徴となる要素を手軽に体験できるように新たに作り直し、初代「ゼビウス」を知る30~40代の世代から、初めて触れる若い世代まで、幅広いユーザーが気軽にゲームクリアの爽快感を楽しめる内容となっています。更にプレイヤーランキングや順位に応じたプレゼントキャンペーン、ソーシャルメディアへの投稿等、今回のコラボレーション作品ならではの機能も搭載しています。

 今回のコラボレーションゲームの公開で、幅広い層に向けて「スプライト」ならではの爽快感を、懐かしいレトロでクールなゲームを通じて訴求していきます。



■「スプライト × ゼビウス」の特長
・ ゲーム内のアイコンやサウンドを「スプライト」仕様に変更
「ゼビウス」でおなじみの地上攻撃により出現する「ソル」やハチドリの地上絵を、「スプライト」の瓶やブランドロゴを象ったものに変更、更にゲーム内でアイテムを獲得すると「スプライト」をイメージした爽やかなサウンドが再生されます。このほかにも「スプライト」ならではの多数の演出でプレイを盛り上げます。
・ ミスをしても自機ソルバルウの残機減少無し
・ ミスによるゲームオーバー無し
・ コカ・コーラパークIDでのログインにより、全国ランキングへの登録が可能に
・ 全国ランキングへの登録によるプレゼントキャンペーンを実施
30周年を迎える「ゼビウス」に合わせて、抽選で毎月30名のユーザーに「スプライト」製品をプレゼント。当選者は、5月8日(火)のコンテンツ公開後、7月30日(月)までの約3ヶ月の間、毎月30日時点でのランキングを基に決定します。
・ ソーシャルメディアへの投稿機能を搭載
ゲーム終了時に、スコアやプレイ内容に応じたオリジナル文言を、ユーザーが登録しているソーシャルメディア(facebook, twitter)に投稿することができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング