ゲッティ イメージズ、オリンピック開会式で歴史に残るギガピクセル画像を撮影

PR TIMES / 2012年7月27日 11時37分



~富士通と協力し、7万人の観客一人一人の表情まで捉えた超高解像度写真を配信予定~
*本ニュースリリースは、米国時間2012年7月25日発表資料の抄訳です。

 国際オリンピック委員会(IOC)の公認フォトエージェンシーであるゲッティ イメージズは、富士通とのパートナーシップの下、本日開催されるオリンピック開会式でギガピクセル級の高解像度写真を撮影いたします。画像の解像度は20ギガピクセルにも及びます。開会式に出席した観客の画像を拡大したり、自分を探してタグ付けをすることができます。

 ギガピクセル級の高解像度画像をアップロードするには数日かかるのが通常ですが、最先端の速度と処理能力を誇る富士通CELSIUS R920ワークステーションを採用することで、従来比最大12倍速でのアップロードを実現します。一晩のうちにゲッティ イメージズUKのウェブサイトから画像を閲覧することができます。*過去にゲッティ イメージズが撮影したギガピクセル写真は、下記のウェブサイトで閲覧可能です。http://globalassignment.gettyimages.com/specialists/gigapixel/

 ゲッティ イメージズ報道部門のシニア・バイスプレジデントであるエイドリアン・マレルは、「当プロジェクトで富士通と協業することができ、大変光栄です。開会式のギガピクセル画像は、今回の2012年ロンドン大会を特別なものとする弊社の新技術の一つです。開会式に集まる観客は7万人を越える見込みで、その一人一人の表情を、驚くほど詳細に写真に収めることができるのは、革新的ともいえるでしょう。このギガピクセル画像は多くの人と体験を共有できる革新的なコンテンツを求めている企業に対しても、インスピレーションを与えるのではないでしょうか。これからの企業が勝ち抜くためには、かつてないようなユーザー体験をボーダーレスに提供することが求められます。遠距離と至近距離の両方から歴史的な瞬間をとらえる革新的な技術を弊社が先駆者として提供できることを誇りに思います」と述べています。

 ゲッティ イメージズにとって今回のロンドン五輪は、国際オリンピック委員会(IOC)の公認フォトエージェンシーとして13回目となります。今回も数々の賞を受賞してきたフォトグラファーチームをロンドンに派遣し、オリンピックを含め、ロンドンで行われるその他の注目度の高いスポーツイベントを撮影します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング